創発企業経営

起業7年目の会社の経営、事業報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国、インドでの起業についての考え方

2017年07月22日 | 経営

天津、北京訪問の際、現地の中国人、インド人と食事をしました。 北京で北京ダックを食べましたが、本場の料理は美味しかったです。 中国人の社長が、中国での起業の苦労を実感込めて話した後、私にどうやって起業したか尋ねてきました。 私が話すと、食卓のほぼ全員がとても興味深そうに話を聞いていました。

以前、勤めていた企業を辞めて、転職できる企業を探したけれど、当時は雇ってくれる企業がなかったことを話すと「自分たちもいつそうなるか分からないから..」と。 皆、今はそれぞれの会社の社員です。

こんな話は、日本で真面目に聞いてくれる人はいませんでした。  日本のような低成長率の国と毎年7%水準の成長を続ける国の活力の差かもしれません。 日本では独立の話自体が、所属する企業に対する謀反のようで、このテーマについては黙してしまう人が多かったように思います。

独立を志向するなら、起業は、現在の市場の不満や問題点を補完する活動ですから、現状維持ではできないものです。Rebel(反抗者)は米国では格好いいイメージですが、日本では秩序を乱す変わり者です。

Global Entrepreneurship Monitor (GEM)の調査によれば、日本の起業活動指数も起業家の社会的な地位に対する評価も調査65か国中の最低水準です。 起業活動の活発さはGDPの成長率と相関があります。

日本では起業後、過去12カ月以内の廃業率が非常に低い傾向があります。 勿論、起業率の低さがと関係がありますが、起業した会社の廃業は少ないと良い意味に解釈することもできると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津経済技術開発区 (TEDA) 訪問 (2)

2017年06月04日 | 経営
2017/5/1付 日本経済新聞 朝刊に以下のような記事がありました。
「1年間に開業した企業数を総企業数で割った開業率は21%に達する。開業率を国際比較すると、日本は5%前後、米国は10%程度で推移しており、中国の開業率の高さが際立つ」
 
 
今回、北京、天津を訪ねて街中に黄色やオレンジの自転車が多いのに気づきました。
これが「自転車シェアリング」だと気づきました。  歩道のあちこちに自転車があふれて、自転車につけられたバーコードをスマホのアプリでスキャンして、決済もスマホでできるという便利なものです。
日本にも同様のサービスがあれば便利だと思います。  今後の中国での自転車シェアリングのさらなる普及については予測できませんが、間違いなく民間企業による起業のダイナミズムは感じました。
 
5月にTEDA(天津経済技術開発区)の管理本部は、大企業の誘致のみならず、起業の振興にも積極的です。管理本部ではワンストップサービスでの開業手続きが可能で、建物の中には、主要銀行の殆ど店舗を開いていてました。  TEDAは、投資企業の社員に対する住環境や医療環境の整備にも注力しており、企業に対する行政サービスは、日本よりも中国の方が進んでいると思いました。
 
天津訪問の2日目、黄砂が発生しました。
 
 
翌日、北京でも朝から黄砂で視界が悪かったのですが、昼過ぎには青空が戻ってきました。
 
 
しかしながら、PM2.5の影響と思われる咳が止まりませでした。
 
規制が及ばない起業のダイナミズム、行政サービスの良さというメリットがある反面、空気の悪さは大きなデメリットだと実感しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津経済技術開発区 (TEDA) 訪問 (1)

2017年05月08日 | 旅行
5月の連休は天津経済技術開発区(TEDA)を訪問しました。
 
 
TEDAは中国の国家級経済技術開発区の環境評価は12年連続で首位だそうです。
 
天津開発区管理委員会の主管幹部の方にも面会しました。
 
 
進出企業の首位は長城汽車、次いでトヨタ、三星電子の順だそうです。 Panasonicの名前も見られます。
 
 
 訪問の目的は中国現地の企業が、天津にベンチマーキングセンタを開所に際してのアドバイスを求められてのことでした。現地のベンチマーキングセンタは建物を改装中で数か月中には開所予定とのことです。
 
 
 
 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鳥

2017年03月02日 | 日記

近くの池に白鳥が来ていました。去年は2羽でしたが、今年は4羽。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外出張

2017年02月22日 | 旅行

2017年はすでに3回海外出張に出かけました。 1月は米国オハイオ、インディアナ州に。移動中の車窓から。

日本と大きく異なるのは山が全く見えないことです。

2月は韓国。 仁川松島エリア。

上の写真右のロッテモールは数年前には開業していませんでした。

九十九里浜。遠くに犬吠埼。 仁川の空と違って、日本の空は澄んでいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リトルロック

2016年10月26日 | 旅行
9月末、昨年12月以来4度目の米国アーカンソー州出張。 州都Little Rockは元州知事であったビルクリントンの大統領ライブラリ―があるくらいで観光に行く場所も殆どありません。仕事が早く終わった時、動物園に行ってはどうかということになり、リトルロックの動物園に行きました。
 
Somali wild ass ソマリアロバ
絶滅危惧種。 野生では生息数1000頭以下。 
 
Red river hog アカカワイノシシ
耳が独特。
 
サイは昼間寝ていることが多いのですが、ここのサイは人がいると寄ってきます。
 
とかげ  意外に素早く動きます。
 
 
おまけ 帰路。 シカゴの空港の通路。 20年ぶりくらいで通りました。以前は暗かったのですが明るくなりました。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仁川 松島国際都市

2016年09月19日 | 旅行
 
韓国に出張するときは空港からのアクセスの便利さから松島(ソンド)国際都市に宿泊します。
 
韓国の人の話では、松島は横浜のみなとみらい地区をモデルにしたという説もあるようですが、一番の違いは、仁川国際空港まで仁川大橋経由15分という立地の良さです。  松島に事務所を持つ企業は、海外からのビジターが空港に到着したと電話を受けてから車で迎えに出ても、入国審査を終えて出口からでてくるビジターを迎えることができるといいます。
 
 
写真はカルビタンです。 日本人にとって韓国では食事には困らないのは大きな利点だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽田ー名古屋 プライベートジェットの旅

2016年07月30日 | 旅行
現在の仕事を始める前に、英国の日本支社の代表をしていました。
 
その会社の創業会長は事業が成功し、莫大な資産を得ると、米国で航空機のライセンスを取り、小型ジェット機を購入しました。
 
その飛行機を自ら操縦して、英国から来日したとき、顧客である自動車会社を訪問することとなり、東京から名古屋まで会長所有のジェット機に搭乗する機会がありました。
 
 
飛行ルートは羽田から伊丹空港でしたが、羽田の滑走路を確保できた時間は朝6時でした。
午前4時には空港に行かねばらならず、都内のホテルに前泊、タクシーで会長と羽田に行きました。 羽田には通常の乗客が乗降するターミナルとは別に個人用の自家用飛行機の発着用のターミナルがあり、自家用飛行機の発着を支援する会社がありました。この会社の人たちが給油から滑走路への誘導をしてくれます。
 
航空法の規定で、乗客に避難経路や安全ベルトの案内をするのは乗務員(この場合、会長)の役目で、私は、客として座っているだけでした。  名古屋まで飛行時間は30分くらいです。 途中、会長は自動操縦にして、富士山が見えたと、写真を撮って喜んでいるうちに名古屋に到着しました。
 
 
 
 
この後、伊丹空港から客先企業まではタクシーで約1時間を要し、この旅程は、新幹線に比べて何の時間的メリットもありません。  この後、訪問先の企業の方と面談しましたが「新幹線で来たのですか?」と質問され、創業会長はこれには何も答えず微笑するばかりでした。
 
ちなみにビジネスジェットをチャーターして東京から北海道に行くと600万円以上かかるようです。
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

米国出張

2016年03月28日 | 旅行

2月中旬から3月上旬まで約3週間米国に出張していました。 移動が多く厳しい日程でした。

インディアナポリス

 

インディアナポリス動物園にて                                        

 

手前から鳥、とかげ、かめ(分かりにくい...)

デトロイトにて (レンタカーを借りた日の午後から雪)

デトロイト空港のすし屋にて(韓国人の人が寿司を握っている)

アーカンソー、リトルロックにて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠者来

2016年01月07日 | 経営
環境や政策が魅力的なら、企業や人が集まってきます。 最近の中国では、環境汚染や労務コストの上昇で、海外企業は中国での投資を減らしつつあります。
 
インバウンド需要で海外から日本に訪問者が増えたのは魅力的なものがあるからでしょう。 沖縄・東北3県観光数次査証というものがあります。 最初の訪日の際、沖縄県・岩手県、宮城県、福島県のいずれかで1泊以上することが条件で、数次ビザが発行されるというものです。
 
このせいか2014年の沖縄県 石垣港経由の入国者は 国内第10位の78,934人でした。 1-5位は成田空港、関西空港、羽田空港、福岡空港、中部空港の順ですから10位というのは大変な数です。
 
今年の晩秋、新潟を訪ねると、稲刈りの終わった田圃でたくさんの白鳥がもみ殻をついばんでいました。
白鳥は、現生の空を飛ぶ鳥の中では最大級。 それでも遠くシベリアやオホーツク沿岸から日本に渡ってきます。
コメの生産地の新潟をはじめ日本は、白鳥には魅力的な越冬地なのでしょう。
 
 
 
国境は人が作ったものですが、企業や旅行者、白鳥にとっては境界は容易に超えられるもののようです。 遠きものがやってくる場所は、良いところなのだと思います。
企業経営の視点からすると、態々遠くから人がやって来たり、問い合わせをしてもらえるならば魅力的な商品やサービスがある企業なのでしょう。
 
その魅力を大切にしていくのは肝要です。
 
葉公問政、子曰、近者説、遠者来
(葉公、政を問う。子曰く、近き者説ぶときは遠き者来たらん)「論語より」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加