愛、麗しくみちる夢

おだやか
たゆやか

わたしらしく
あるがままに


待っていれば

2016-09-18 13:19:51 | 小説の解説
ダージリンがアッサムのことをよくわかっている、ということ。


それをオレンジペコ視点で。


というか、まぁ、アッサムに完全にお世話されてしまっていて、その居心地がどれほど気持ちいいのかと
ダージリンがオレンジペコに多くを語らずに伝えているということですね。


この小説の中では、決してダージリンとアッサムは1年生たちにオープンに付き合っていることを伝えていないですが

それでもにじみ出ている「とても好かれている」というダージリンのどや顔、みたいなやつを想像していました。



アッサムはアッサムで、何もかもお見通しなので、自分が行かなければ動くつもりはないと分かっているし
迎えに行ったときのうれしそうなダージリンの顔を観たい想いがあるので。


バカップルめ、このやろう。


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希うものはあなたのすべて | トップ | 私だって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説の解説」カテゴリの最新記事