愛、麗しくみちる夢

おだやか
たゆやか

わたしらしく
あるがままに


私だって

2016-09-18 13:24:20 | 小説の解説
この世界のアッサムとダージリンもまた、オープンな感じはなくて
当然、2人きりのときでしかでれでれしないわけですね。


まぁ、くっそこのバカップルめと言うような小説を書きたかったんですよ。



どっちかと言うと何でも文句を言うのはダージリンの方っていうカップル何ですが
アッサムだって文句言いたいし、我儘したいし、甘えたいしって思ってます、と言う感じのあれそれで。


なんていうか


アッサム、好きすぎる。


あと、2人きりになったら全然違う顔を見せるアッサムに、ダージリンはもう腰ヘロヘロになるんだと思いますよ。

ヘタレですけれど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待っていれば | トップ | 便利な機能 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む