愛、麗しくみちる夢

おだやか
たゆやか

わたしらしく
あるがままに


最高のプレゼント

2016-10-13 20:44:27 | 小説の解説
アッサム様にリボンを掛けてダージリン様にプレゼント


っていうコンセプトだけを決めていたのですが、それをやってのけるのはあの2人しかいないだろう、と思って
とても楽しく書いたのでした。



流石に、裸にリボンは危ない人なので、書く気はなかったのですが、何だかんだと言いながら
最後まで我慢して、終わって2週間後に制裁を加えるアッサム様というのは、らしい、と書きながら思ってしまう。


っていうか3人組でペコはずっと真面目なのに、結果的に損をしている気がしてならない。


気のせいですか?


気のせいですよね。



グリーン様たち情報処理部はどんなプレゼントを贈ったんだろうか。

超高性能まくらとか??


2週間は、まともにアッサム様に会話してもらえず、毎食夕ご飯はペコと3人で豪華な食事だったそうですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だーじりんじゃらし | トップ | 約束。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む