gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017.07.07(金) 晴れ

2017-07-08 05:41:31 | 日記
4時50分起床。
目が覚めて、そろそろ7時かなと思って時間を確認するとこの時間。
眠くはないのでそのまま起きることにする。

昨夜は23時に就寝したので睡眠時間は約6時間。

今朝も咳が酷い。

気道を広げねばと考えてコーヒーを淹れ、ゆっくり飲む。
早く起きると朝の時間がゆったりと流れる。

薬を飲み、たっぷりと白湯を飲む。

シャワーを浴びる。
下着を変えるかどうかで悩むが、変えることに。
毎朝変えるとなると下着が足りなくなりそうだが、何かをしないことの理由がめんどくさいからということである場合、それはしないよりもした方がいいのではないかと考えてのこと。
とりあえず下着を買い足そう。
そしてステテコも。

以前読んだ『自分を好きになる方法』を思い出す。
リンデは、宅配便を受け取ることも億劫でなかなか呼び鈴に出られない人である。
そんなリンデが自分を好きになれるかもと思うのが、その日のうちにやりたいことをリストアップし、それをこなせた時なのであった。
他人に合わせて好かれる自分でいることでなく、自分のやりたいことを可視化し、それをこなせた時に自分を好きになれる。

他人に行動指針を委ねるのではなく、自分で行動指針をもつこと。
そうすることで自分を好きでいられる。

日記をつけるという行為は自分を好きでいるためにとても役立つ。
日記は1日の自分を振り返るための装置であり、そのことが自分の行動を省み、自分を律することを促すものであるからだ。

とはいえ、人間はそんなに強いものではなく、怠惰な心というのも持ち合わせている。
少なくとも自分の場合は。
そこで、上手く他人の目というのを利用する。

そうすることでなんとか自分を律しようと努める。
なんとか自分自信が行動指針をもっていようと意識する。


日記をひっそりとウェブにおいて公開するブログ。
それは自分を省みるツールであり、そして他人の目を上手い具合に意識することのできるうってつけの装置なのではないか。

小林麻央さんは癌になってからブログを始めたというが、彼女はブログを書くことによって癌に苦しめられる自分ではなく、自分で自分の人生を生きられる自分というのを、他人に対して、自分に対して、そして残されることになる彼女にとって身近な人達に対して見せていた。




自分を好きでいられる人は、他人にも自分を、好きになってもらえる確率の高い人である。
自分が自分を嫌いである場合、自分のことを好きでいてくれる他人は、自分が嫌いなものを好きな人である。
これでは自分を好きでいてくれる人とは気が合わない。
そして自分を好きでいてくれる人を遠ざけたくなってしまう。

反対に自分が自分を好きである場合、自分のことを好きでいてくれる他人は、自分の好きなものを好きな人だということになる。
こうなれば自分のことを好きでいてくれる人は気の合う人となり、彼らと良好な関係を結んでいくことができる。




誰もいない朝の時間はゆっくりと流れていく。

昨日読見返した『現実脱出論』の時間感覚のことを思い出す。
著者は幼い頃、日曜日の朝はいつもより早く起きて、誰もいない自分だけの時間を楽しんでいた。
それは、1人でいるというよりは時間と並走する感覚であったといい、家族が起きてそれぞれが生活を始めると、その感覚はなくなっていく。


6時に自宅を出発。
6時11分発の電車に乗る。
車内ではブログのメモ作り。

席は2割から3割程度空いていてゆったりとしている。
人と触れずにいられる席に座ることができた。
正確には、最初は人の隣に座ったが、我慢できずに車両を移動して角に座った。

もう1つ前の電車が踏切から見えたが、その電車はかなり空いているように見えた。
6割から7割程度の席が空いているような印象である。
この程度の乗車率だとゆったりと過ごすことができそうだ。

時間と並走するということについて少し考える。

時間に追われるとなると、忙しない。
その逆はなんといえばいいのか。
ネガティヴにいうと退屈。
ポジティブにいうと待ち遠しい

追われるのと退屈なの、これらは時間に関する正反対の感覚であるが、どちらも共通して
時間を気にしている、時計に縛られているという意味では少し窮屈。
待ち遠しいとなるとこれは窮屈ではないだろう。
楽しみの先延ばし、幸福感に縛られているということかな。

時間と並走する、というのはこれは時間を気にしていない状態。
擬人化すると、気心知れたパートナーと過ごしているような感じだろうか。
相手のご機嫌を伺ったり、合わせたり、調子を取ろうとしなくていい。

宮台真司がいうところの委ねるということについて以前考えたが、そんな感じか。
諸富のいうところの他人と一緒にいるが1人でいるような感覚。

相手の顔色を伺うことなく、ただその場に、相手に委ねることができる。
それはとても心地よいことだろう。

時間に追われるでもなく、退屈するでもなく、並走するという心地よさ。



7時20分到着。
ナチュラルローソンでr-1を買って飲む。

マクドナルドでゆっくりしようと思うが、店員さんが無愛想、そして眠そう。

今日はそういう気分ではないので、思い切って星乃珈琲店へ。
きっとマクドナルドにしようという気分の日もあるが、今日は星乃珈琲店。

9時前に出勤。
昼食はざるラーメンとタレカツ丼。


帰り道、駅でサンドイッチとファンタを買っていく。

買い物して帰宅。

海鮮丼、ほうれん草と玉ねぎの卵とじ、ごぼうの漬物、もずく酢の夕食。

夕方からずっと咳。
呼吸が辛い。
食後薬を調べると、喘息の人は医師に相談と書いてある。
やばい。

シャワー浴びて寝る準備。

21時40分就寝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.07.06(木) 晴れ | トップ | 2017.08.05(土)くもり »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。