新・きまぐれtomj

更新は不定期で、文字通り“きまぐれ”ですが、暇つぶしになれば・・・

金沢・能登旅行:その3(輪島朝市・白米千枚田・道の駅すず塩田村・キリコ会館・気多大社)

2016年10月29日 | 日記

行った日:10月22日(土)  行った場所:石川県輪島市、珠洲市、羽咋市

今回の旅行の最終日、朝起きて窓の外を見たら綺麗な朝焼け。(見えている陸地は昨夜行った千枚田方向)

このホテル髙州園さんは輪島の市街地のヘリにあり、左の陸地の前が輪島の港付近。窓の真近をカモメ(ウミネコかも?)が飛び交い、ちょっとしたカモメ観察所(なんてあるのか?)の雰囲気。朝食までの間、飽きずに見ていた。

この日の朝は寒く6~7℃でしたが、ベランダに出て撮影。沖合の防波堤の奥に小さく”七つ島”(無人島)が見えるのだが、写真では・・・

朝食を頂いた後は、輪島の朝市へ。(左の白いものはお豆腐。右のお鍋は御御御付)

◆輪島朝市:朝市通りに永井豪記念館がありました。(「マジンガーZ」「ハレンチ学園」「デビルマン」「キューティーハニー」などの作者永井豪さんは輪島出身なのですね)

「のどぐろ」美味しい高級魚と聞いているので、食べてみたいが・・・生魚をここから買って持ち帰るのはチョット・・・と云う訳で結局何も買わず、ツアーバス内で頂いた粗品引換券で 輪島塗のお箸を戴いてきました。

天然塩はこの後行く道の駅すず塩田村で・・・

輪島塗のお店では、バイオリンやビオラが展示されていました。綺麗なだけでなく、極力薄く塗ることで柔らかい音色になるようです。

輪島塗のお店では職人が購入商品に名入れをしていました。女房はブローチを買おうかと、いろいろ見せて頂いた様ですが・・・買わなかったようで、私は内心ホッ!(確かに綺麗で良いものですが、かなりお高いので・・・笑) お店の方には申し訳ない。

駐車場場に戻る途中に「輪島ドラマ記念館」というものがあり、地方都市において、NHK朝ドラ「まれ」の影響は大きいのでしょうね。

『まれ』に出てきた美容室を再現したものの様です。(朝の連ドラは『まっさん』を土曜日まとめて見て居ただけなので、『まれ』のことは良く知りませんが、バスガイドさんの説明の中で度々『まれ』の話が出て来ました。---その影響か?このツアーは平日にも関わらず、35名の参加とかなり多い方だそうです)

ふと足元を見ると!

どの町もマンホールの蓋にその地域の特徴を生かして書いているものが多いですね。

◆白米千枚田:昨日の白米千枚田を昼間見ると。やっぱりこの時期の田んぼは・・・( ̄□ ̄;)!!  (塩田村へ行く途中なので、寄ったようなものですかね?)

◆道の駅すず塩田村:本来ならば、10月中頃までは塩田の作業が見れるようですが、今年の天候不順でこの日はやっていませんでした。

社長さん自ら、塩田への海水(これは真水ですが)の巻き方をみせてくださいました。円弧状にほぼ均等に飛んでいるのが分かる。

均等に撒かないと、水溜まりが出来て乾かないそうですので、コツが必要とのこと。このように撒くためにはラッパ状の桶の形がいい様です。

塩田は下に粘土の層を数cm平らにし、その上に砂を3cm程度敷いてある。海水を撒き、砂の表面にスジ目を入れ(表面積を増やす)乾かす。その後砂と表面に着いた塩を集め、大きな樽に入れ海水(真水だったかな?)で布濃し(樽の中に大きな布が敷いてあるのかな?)濃度の濃い塩水にする。その塩水を鍋で煮詰めて水分を蒸発させて塩になるそうです。(説明をうろ覚えなので・・・)

ここでの昼食はお弁当。

道の駅のスグ隣には『まれ』の撮影に使われた 揚げ浜式塩田 角花家 の塩田がありました。

◆キリコ会館:実は朝、散歩していたらキリコ会館まで来てしまった。ホテル髙州園から歩いて15分ほどの場所。例によって、壁面(パンフじゃないけど)に書かれていた説明を!

こちらが古い11~12mのもの。

こちらはお祭の日にはここから出して使うそうで、各町内のものを保管を兼ねて展示している。

キリコの枠などは輪島塗だそうで、かなり高額になるようです。

◆気多大社:万葉集にも出てくるほど古い神社だそうです。

『いしかわ百万石物語  前田利家とまつが祈願した  能登一之宮』とパンプレット正面に!

気多大社は大国主命(おおくにぬしのみこと)を祭神に祀る神社でだそうで、縁結びの名所だそうです。

本殿裏に”入らずの森”と言う原生林が広がっており、広さ1万坪の国指定天然記念物になっています。
誰も入ることは許されず、年に一度、大晦日に宮司が「奥宮例祭」を行うそうです。昭和天皇が『斧入らぬ みやしろの森めづらかに からたちばなの生ふるを見たり』(昭和五十八年)とお詠みになりましたとのこと。

ここから金沢駅へ向かい、帰路に!定番の場所(鼓門)で一枚撮らないと何故か金沢に来た意味がないような???

新幹線で2時間半ほどで、東京駅へ。

 今回、久しぶりに(宿泊のツアーは修学旅行以来?)このようなツアーに参加し良かったのは、①普段食べることのない食事、②知らない観光地の発見(一条谷朝倉氏遺跡、那谷寺、気多大社の3か所は全く知らなかった)など。自分一人のマイカー旅行では気付かず近くを通り過ごしていたと思う。ただ、写真を撮るには時間に縛られないもっと自由な時間と交通の脚が欲しい!

あっ、あと『羽咋市(はくいし)』や『珠洲市(すずし)』の読み方を知ったのも今回の収穫かな?(私が無知なだけか・・・笑)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 金沢・能登旅行:その2(那谷... | トップ | 2016東京国際映画祭レッドカ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kusu)
2016-10-30 10:37:48
いいですねぇ〜。
能登は19才のときに車で一周しました。

見所満載ですね。沢山撮れて楽しかったでしょう!
私も・・・ (tomj)
2016-10-30 14:40:24
kusuさん  こんにちは!

私も輪島まで行ったのは21~22才の頃だったか?、高校の同級生4人で車で!
ただ、覚えているのは兼六園、忍者寺、なぎさドライブウェイくらいしか無い。輪島にも泊まったはずですが・・・。

で、6~7年ほど?前に越中八尾に朝ついて(高速が夜間半額の時)、夜の”おわら風の盆”まで時間が有り余っていたので輪島まで行こうとしたのですが、高岡→羽咋へ行く途中山道でミスコースしたのか?中々つきそうもないので諦めて戻ったことがあります。その頃は「のと里山海道」なんて無かったような?
そんな悔しい思いもあって、今回能登にしました。
相性… (ガチャピン)
2016-10-30 23:45:11
tomjさん、こんばんは。
良い旅をされたようですね。
ふらりと行く気ままな旅もいいですが、
ツアーで行くと自分では選ばないような場所にも行けるので、それはそれで良さがありますよね。

北陸は名古屋からは比較的近いのですが、
私とは相性が悪いようで…
「羽咋」という地名を知ったのは二十歳のゼミ合宿で。その時に海辺で虫に刺され、アレルギーで
足中に赤い斑点が…医者に行くと、日本海側の虫にアレルギーがあるので行かないように…と言われ、
以来、避けております…(^^ゞ
虫の少ない冬場にならいいかもしれませんね。
そんな理由で、相性の悪い金沢や能登の地を
行けない分、楽しませていただきましたよ~。
確かに! (tomj)
2016-10-31 07:13:38
ガチャピンさん、おはようございます。

1泊目の宿で、着いてすぐ窓を開けて外の景色を見たのですが、寝ろ時にカメムシ2匹見つけました。(『虫が入るので窓を開け放しにしないでください。』の注意書きは後でみつけました。ほんの2~3分しか開けなかったのに・・・泣)

それにしても『日本海側の虫のアレルギー』っていう言い方する先生にも、驚きですね。(*_*)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事