新・きまぐれtomj

更新は不定期で、文字通り“きまぐれ”ですが、暇つぶしになれば・・・

ENJOY 海 KANAGAWA

2016年10月14日 | 日記

行った日:10月9日(日)  行った場所:七里ヶ浜&葉山マリーナ

10月8日~9日の2日間、逗子マリーナを中心に神奈川県内の各マリーナで【Enjoy海Kanagawa】※というイベントが行われていたので、10日に逗子マリーナを目指して行ったものの、午前中は風雨激しく断念。そのまま帰るのも悔しいので、七里ヶ浜の駐車場に入れてウィンドウサーフィンの写真を何枚か撮って来た。雨風が激しいので、実際には134号線下の歩行者用トンネル内からですが、それでも結構濡れてしまった。(今までで最も厳しい撮影だった。家に帰って見たらレンズの表面は泥水でも掛けたかのよう。即、清掃しましたが・・・)

※『史上最大級のヨットフェスティバル』:かながわシープロジェクト「Feel SHONAN」キャンペーンの一環として、東京2020オリンピック競技大会に向け、県内の海で繋がる団体や企業が手を結び、海離れが進む子どもからアクティブに余暇を過ごそうとするシニア層まで、幅広い世代の多くの方が、ヨットの楽しみを身近に感じ、ファンになってもらうとともに、オリンピックに向けた機運を醸成し、国内外に向けて発信していくことを目的としています。(Enjoy海KanagawaのHPより)

こんな事が出来るのもそれなりの風があるから!

帰り道途中に昼食を採っていたら、それなりに天候が回復、逗子マリーナは車が止められそうにない(朝行った様子から)ので、葉山マリーナへ。

葉山マリーナのほぼ真西の沖合ではいくつかのクラス別のヨットレースが!(のハズだが、コースなどの情報が無く、スタートがどこでゴールがどこだかも分からず、ヨットが右往左往しているとしか見えない)

カヌーの競争?も。後方のウィンドウサーフィンは逗子海岸のもの。(午前中の七里ヶ浜の写真と比べると、いかに風が無いかよく分かる。---普段見るウィンドウサーフィンはこんなもので、午前中の天候が異常なくらい!)

で、こんなヨット?初めて見た。水中翼ヨット?(ネットで調べたら、Bladeriderと言う水中翼が付いた小型のヨットらしい)見て想像がつくようにかなり難しそうで、何度も倒れて止まっているのを見た。上手く走っているのを見れたのはこの1回だけ!

船体は非常に細く、乗っているのはウィング形のネット状になった処?(ネットは落ちないようにで、乗っているのはその枠かも)

後ろに見えるのが、逗子マリーナだが港は裏側なので、イベントがどの程度盛況なのか全く分からない。下のヨットは大学のものでイベントとは関係ないのかも?

オリンピックの時はもっと沖合でやるのかな?(今回APS-C用72mm径のF5-6.3の150-500mmズームで、この天候では暗すぎて、フォトショップで、かなり後処理をしたがこのレベル。)だとしたら、もっと大径の明るい500mmでないと、地上からの撮影は難しいが、とても買えない・・・

それにしても、このイベント盛り上がっているのかな?天候に恵めれなかったのは仕方がないが、私はネットでたまたま見つけたけど、ポスターも見かけなければCMも見ない。葉山マリーナ(ここもイベント会場の一つのハズだが)は普段と変わらないイメージ・・・。レース参加者や体験乗船の人だけのイベントにしてしまうのは少し寂しい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マリエリカ(ヴィオラとピアノ... | トップ | 江の島花火大会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
tomjさまへ (池 千之助)
2016-10-15 08:29:12
おはようございます。
朝から、マリーンスポーツのダイナミックなお写真拝見させていただき、
羨ましく思っています。

2.3.4のお写真は、
フレーミングとタイミングがドンピシャ合っていて、
最高ですね!

脱帽です。

ありがとうございます (tomj)
2016-10-15 23:02:58
池 千之助さま こんばんは!

書込み戴き、またお褒め戴き真にありがとうございます。
今日もサーフィンの写真を撮ってみましたが、穏やかな波風では・・・。あの様なシーンに出会えたのが良かった。もっとも、100枚以上撮って、何とかブログに使えそうなものが、2~3枚!
アップした写真もそうですが、残りはもっとブレやボケが酷すぎて・・・。快晴で風が強い日があれば再チャレンジしてみたいですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む