可も無く不可も無く

~40代後半の多趣味なサラリーマンのひとり言~

意地見せたサブ組 ナビスコ予選 対FC東京

2006-03-31 08:51:21 | 浦和レッズ

Photo_9 リーグ戦からスタメンの半分を入れ替えて望んだ

ナビスコカップ予選の初戦、ここ最近苦手意識の

薄れてきたFC東京に完封勝利で幸先の良いスタートを切った。

代表組4人に加え、山田・永井を負傷で欠いた為、どのような

布陣になるかに期待が集まったが、いい意味で予想を裏切り

エスクデロと岡野がスタメンに名を連ねた。

そのエスクデロが、交代させられるのを察知してか、最後にきっちり決めて先制

その後何度か危ない場面もあったが、これも初スタメンの山岸が好セーブを連発。

ロスタイムには、ここぞという時に必ずといっていいほどいい仕事をする酒井がダメ押し。

2-0で勝利した。

サブのメンバーが多く入って、連携等の不安もあったが、このチャンスをものにしてやると

意地を見せてくれたのは、大きな収穫だったと思う。

これで益々、リーグ戦のスタメン争いも激化しそう。

後半ロスタイムに負傷したワシントン、この試合は得点こそなかったが、

貴重なポストプレーを連発していたので、状況が気になるところ。

次節は大事を取って欠場かな。ここは黒部の活躍を期待したい。

これまた初スタメンの相馬に期待していたのだが、対峙する徳永の対応に

追われる場面が多く、持ち味のサイド突破はあまり見られなかったのが残念。

但し本人は至って前向き、めっちゃいい奴だなあ~。

欠場した代表組は、昨日エクアドルと戦って、アレックスの絶妙センタリングを

途中出場の佐藤が決めて、1-0の辛勝。

いや~アレックス更にキレキレ、いっその事キレックスに・・・・

期待の長谷部は出場ならず・・・ジーコさんせめて後半あたりから使ってくれれば

展開も少し変わってきたと思うんだけど・・・・

フル出場も、自分のプレーに満足していない感のある伸二、ちょっと心配。

あっ、坪井もフル出場・・・・きっちり自分の仕事してました。

最終メンバーにレッズから何人残れるか・・・・・。

5005791 19051_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開幕負けなしで首位 対横浜マリノス

2006-03-29 14:51:45 | 浦和レッズ

Photo_8 戦前の予想では引き分けという見方が多かったが

終わってみれば3-1の圧勝!!

終盤の失点で、あわやと思ったものの

長谷部のスーパーゴールで突き放した。

これで唯一の開幕負けなしで5節にして首位奪取。

最下位に喘いでいた昨シーズンとは比べ物にならないほどだ。

今回一番輝いていたののは、何と言っても長谷部だろう。

直前に代表へ復帰、その監督であるジーコさんの前で

非常にいいアピールが出来たことだろう。

海外組のいない30日のエクアドル戦でも、暴れまくって

海外組からトップ下のポジション、奪っちゃって下さい!

それにしても、アワハラ君どうした・・・・・

9811 5002154 44001

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アワハラ?

2006-03-24 10:58:43 | 浦和レッズ

3932_3 この人、随分大きく出ましたね。

血が出たって死ぬわけじゃないって

そうじゃない場合もある・・・

待ってなさい、その長~く伸びた鼻を

へし折ってあげますから!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伸二移籍後初ゴール 対セレッソ大阪

2006-03-23 15:21:43 | 浦和レッズ

Photo_6 この時を待っていた!

伸二の復帰後初ゴ~~~ル!!

それも見事にドライブのかかった技ありボレーで決めてくれました。

前半は攻めてはいるものの、なかなか得点には繋がらず

セレッソの連敗をここで止めてしまうのか・・・なんて事も

ふと考えたりしたのだが、この伸二のゴールで一気に爆発!

ワシントン、闘莉王と3連発、続いていた終了間際での失点も無く

3連勝、4連勝中のマリノスに次いで2位となった。

徐々に噛み合ってきた攻撃陣に、初の無失点で自身を付けた守備陣と

いよいよ今年のレッズ本来の姿が現れてきた感じだ。

早くも訪れた週末の天王山に勝って、このまま独走!

最短記録での優勝!決めちゃって下さい!!

それにしてもこいつ、絶対ギャフンと言わせて下さい!

504681 5002153 38702_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2連勝! 対サンフレッチェ広島

2006-03-20 14:16:27 | 浦和レッズ

Photo_5 昨シーズンとはうって変わって3節が終わって負け無し。

3連勝の2チームに次いで3位と好スタート。

またもやキレキレのキレックス・・・もといアレックスの

フリーキックで先制、これまたポンテの技ありインターセプト

からの2点目。

この二人は好調をキープしているようだ。

後半にも啓太、ワシントンと続いて、計4点。

このまま今期初の無失点と行きたかったが、またもや終了間際に失点、

ここらへんの集中力が今後に課題になるか・・・。

一番の勝負の分かれ目は、1点目の原因となった広島ジニーニョのファウル。

これがレッドカードとなり、レッズの猛攻のきっかけとなった。

今まではどちらかというと、フリーキックで苦い思いをさせられている方が多い

ような気がするが、今期はフリーキッカーが沢山いて誰が蹴るのか楽しみでもあり

フリーキックからの得点が大幅に増えそうな予感がする。

また、どこぞのチームのように、ストライカー頼みではなく、どこからでも得点出来る

理想的なチームが徐々に出来つつあると期待したい。

次節は昨シーズン2連敗を喫したセレッソ大阪、今期一番のライバルになるであろう

横浜Fマリノスと厳しい戦いが続くが、ここで連勝出来れば、一気に波に乗って

行けそうな気がする。

18262 1000152 31401 5002152

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誤報?

2006-03-15 16:29:56 | ニュース

Kajima 墨田区に建設が決定したと報じられた

「第2東京タワー」について、墨田区

まだ決定ではないと否定したようだ。

墨田区は問い合わせの対応に大変らしい。

ほぼ墨田区で決定らしいのだが、あくまでも正式発表は

3月末に行うらしい。

さいたま新都心についても「第2東京タワー」とは別に

「観光用タワー」の計画もあるらしく、まだまだ期待できそうだ。

いっその事、早々に「観光用タワー」に計画を切り替えて

「東京第2タワー」より大きなタワーを建てて、話題を独占しちゃえば・・・

でも税金の投入はほどほどに!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2東京タワー

2006-03-14 08:24:53 | ニュース

Sdbt1地上デジタル用の電波塔「第2東京タワー」が

墨田区(墨田・台東地区)の「すみだタワー」決定したようだ。

さいたま市でも積極的に誘致を進めていたのだが

(昨年の中間報告では第2候補)結局は「第2東京タワー

の通り、東京での建設で落ち着いたという事か。

600メートル級の世界一の電波塔という事で、誘致出来れば、

今ひとつ盛り上がらないさいたま新都心にとっては大きな目玉の

ひとつになったとは思うが・・・残念。

さいたま市には、それ以外でどんどんガンバってもらいましょう・・・

って、としまえんにも出来るの???

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン 初勝利! 対ジュビロ磐田

2006-03-13 15:46:03 | 浦和レッズ

Photo_4   ホーム開幕戦となった、11日のジュビロ戦で

今シーズンの初勝利!

昨シーズン第6節まで勝利が無かった事を考えると

まずまずの出だしなのか・・・。

前半途中まで、トップ下のポジションをとっていた伸二は

全くと言っていいほど機能していなかったようだが

長谷部とポジションチェンジをしてからは、ボールタッチも増え

お互いいい動き、次節からはこのポジションで行くだろう。

非常に切れ切れだったのが、アレックス!

いや~見事なフリーキック!

代表戦での失態や1節のガンバ戦でのミスを帳消しにする大活躍。

最後には時間稼ぎ(?)の交代をする等、余裕もあって、

これこそ皆が見たかったアレックスの本当の姿なのだ。

これからも「裏街道」まっしぐら!!

その他にも、闘莉王のダイビングヘッド、ポンテの技ありインターセプトからの

ゴールで3点、終了間際の1失点は余計だったが、難なく勝利。

ガンバがセレッソ相手に6-1と大爆発したのを見ると、前節での引き分けは

やはり大きかったのか・・・。

僅かではあるが、黒部・相馬もめでたく浦和デビュー、特に相馬は短い時間の中で

何度かいい動きを見せていた。これからも期待大。

それにしても川崎どうしちゃったの・・・。

38701 18261 1000151

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

2006-03-10 17:02:43 | 映画

Narunia2ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」を見てきた。

大ヒットになった「ロード・オブ・ザ・リング」の原作

「指輪物語」と双璧を成す英国ファンタジーの最高傑作と

言われている、全7章から成る壮大な物語の映画化である。

「LOTR」と同じく、絶対に映像化は不可能と言われてきた

作品だが、現在のテクノロジーで見事に映画化された。

今回見てみようと思ったきっかけが、視覚効果であった。

ILMソニー・イメージワークス、リズム&ヒューズの3社が

コラボして生まれた「ナルニア国」の景色、様々な生き物が

違和感なく映像の中で表現されていたと思う。

「フォーンのタムナスさん」や「セントールのオレイアス」等

一部に実際の役者が使われているキャラクターも、実際に

存在しているかの如く、自然に動いていたのには驚かされた。

このまま行くと、実際の役者さんは、顔(表情)の演技だけで

済んでしまうのではないか・・・なんて勝手に心配。

ストーリーも非常に分かりやすく作られていたので、2時間20分が

あっという間に感じるほどだった。

特に印象的だったのは、「サンタクロース」が出てくる場面、何か凄く感動した。

Story_img01_1

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生 弘道お兄さん!

2006-03-07 15:48:34 | イベント

Festa0511_01 3/4(土)、さいたまスーパーアリーナにて

「NHKおかあさんといっしょスペシャル ぐ~チョコランタンと

ゆかいな仲間たち みんなであそぼ!」を見てきた。

チケットは完売で客席はほぼ満員、所々に空いている場所が

あったが、子供に合わせるという事(病気等の事情)を考えるとしかたのないところか。

事前に予想は出来た事だが、取れた席がアリーナ席ではなかったので、

出演者の顔をはっきりと見るところまではいかなかったのが残念だ。

しかし、会場は思った以上の盛り上がりで、公演時間の1時間が

非常に短く感じるほどだった。

子供達はず~と立ちっぱなし、歌に合わせて踊りっぱなし。

いつも画面で見ている歌や踊りを、いつも以上のテンションで見入っていた。

親達はというと、「あれがひろみちお兄さんだよ、あっあれがしょうこお姉さんだよ」と

子供達以上に興奮気味。

ずっと下の方だが、近くをしょうこお姉さんが通った時などは、年甲斐もなく

「しょうこお姉さ~ん」と子供以上に手を振っていた(/o\*)

その中でやはり一番の人気は、弘道お兄さんだったようだ。

恒例の「イチジョウマン」でも登場し、「イナバウアー!」のギャグを飛ばすなど

親達の視線を一身に受けていた。

2日間で計6公演、全てを満員にしたのは、やっぱり弘道お兄さん効果なのか・・・。

とにかく親子共々、満足の公演だった。

次回があるとすれば(子供が見に行くかな?)是非アリーナ席で見てみたいとも思った。

この模様は、3/21(春分の日)に教育テレビで放送されるらしい。

まさか映ってないよね・・・。

Festa0511_04

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝ち点1 対ガンバ大阪

2006-03-06 17:00:22 | 浦和レッズ

Photo_7 あまりにも期待が大きかった為、

昨シーズン王者からアウェイで

勝ち点1を奪った・・・と言っても素直に喜べない。

開始2分でのワシントンのゴールで、想像通りゴールラッシュを

期待したのだが、その後は噛み合わない攻撃、そして後半22分に

ガンバ加地のゴールで同点、そのまま引き分けに終わってしまった。

巷では、ギドの采配ミス等が取りざたされているが、これまでも負け試合の

後には、いつもあった事。

勝ち続けると、そんな話はどこかへ吹き飛んでしまうものだ。

これから更に連携が深まってくれば・・・と考えるしかないかな。

最終的に、この勝ち点1が効いてくるのか、それとも逃した2点が

大きかったのかは、神のみぞ知るといったところか。

欲を言えば、ベンチに入った黒部・相馬を使ってみても・・・

結局、ギドの采配批判になってしまうか・・・。

5002151

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ開幕!

2006-03-03 10:53:51 | 浦和レッズ

Photo いよいよ明日、Jリーグ2006シーズンが始まる。

開幕カードは、一番の注目カードでもある レッズvsガンバ。

先週の「XEROX SUPER CUP」では、レッズの勝利に終わったが

ガンバもこの一週間で、十分に修正してくると考えられる。

我らがレッズは、永井が腰痛を訴えている以外は、前回同様

万全の体制で試合に臨めると思う。

一部では、三都主が代表試合での出来の悪さで、だいぶ叩かれて

いるようだが、本来のポジションに戻って、それをあっさりと吹き飛ばす

活躍を期待している。

また、期待をせずにはいられない選手が、小野伸二!!

先日の代表スタメン落ちの鬱憤をこの試合にぶつけて、大暴れしてほしい。

彼のスルーパスによって、何本のシュート~ゴールが生まれるか・・・

もうドキドキである。

その他にも、ポンテ・長谷部・ワシントン・・・挙げたらきりが無い!!

是非是非、昨シーズンなし得なかった、リーグ制覇に向けて、スタートダッシュを!!

Kphotonormal20060226003_l_1 Sc0602261_4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加