可も無く不可も無く

~40代後半の多趣味なサラリーマンのひとり言~

アクションフィギュア

2006-01-31 19:27:33 | 玩具・フィギュア・プラモデル

Basicvaderthx 「フィギュア」というと大多数の人が、アキバ君達がこよなく愛する

「美少女フ系ィギュア」を連想すると思う。

故に、「フィギュア」の収集が趣味という事になると

「オタク」・・・と思われてしまうのが少々辛い所だが・・・。

しかし「フィギュア」の中での「美少女系フィギュア」は、

ひとつのカテゴリーに過ぎず、他にも沢山の種類がある。

その中でも、コレクターの数が一番多いであろうと思われるのが

「アクションフィギュア」だろう。

その中でも映画もの、アニメもの等、多くの種類があるが

一番の人気物といったら当然「スター・ウォーズ」だろう。

『スター・ウォーズ その3』でも触れたが、その「SWフィギュア」が

現在の趣味の中で大きな位置を占める事になる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネットオークション

2006-01-30 16:30:18 | デジタル・インターネット

Toed3my1 「ネットオークション」の最大手である「Yahooオークション」に参加を

し始めて早、6年近く経つ。

最初は入札のみの参加だったのだが、徐々に不要になったものを

出品するようになっていった。

以前は、費用をまったく掛けずに参加出来たのだが、オークションを利用した

詐欺等の横行などもあって、何年か前から参加費や出品・落札手数料などが

掛かるようになった。

またこれは最初からあったシステムだが、出品者・落札者共、お互いの取引に対して

「評価」する事が出来、その「評価」を見れば、ある程度どういう人間かが分かるしくみだ。

「ネットオークション」の面白い所は、「捨てるものあれば拾うものあり」で、自分が不要だと

思ったものでも他人にとっては、喉から手が出るほど欲しいものであったり、

他人が不要だと思ったものが、自分が血眼になって探していたものであったりする所だろう。

こんなものと思うものが落札されたり、掘り出し物や欲しかったものが結構格安で

手に入ったりと、利用していてあまり不快な思いを感じた事はない。

当然、詐欺等の被害にあった事もない。

最初は一部マニア達のものであったと思うが、最近は国や地方自治体等も

差し押さえた品物や競売に掛けるもの等を出品するようになり、ネット利用者の

大多数が利用しているものと思われる。

お互いにルールを守って利用すれば、非常に有意義で便利なものだと思う。

Yahooさん、これからもお世話になります・・・。

画像は、最近落札した「ディズニーキャラクター トミカエディション第3弾」全3種の

内の1台「ミッキー TOYOTA プロボックス」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正式契約!

2006-01-27 08:23:36 | 浦和レッズ

60127_o01 「浦和レッズ、小野伸二と正式契約!」

疑っていた訳ではないが、あくまでも「仮契約」、何が起こるかわからない

この世の中、しかしその心配をも吹き飛ばす入団会見。

「一生懸命やっている姿を見てほしい。4年半前以上に楽しいサッカーを見せたい」

なんて、伸二らしいコメント。

このオフでの大型補強で、更に攻撃のバリエーションが増えたところに

伸二の「楽しいサッカー」が加わったら、いったいどうなるんだ浦和レッズ・・・。

もう全勝、ぶっちぎってタイトル総なめしちゃって下さい!!

って、シーズン前は毎年同じ事考えてる・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エピソードⅢ キャンペーン

2006-01-26 10:44:45 | スター・ウォーズ

Img_05630_01 「エピソードⅢ」の公開に併せたキャンペーンが、サントリーの

「PEPSI」キャンペーンとは別に、いくつかあった。

その中でも一際目立っていたのが、「サークルKサンクス」で展開された

「スター・ウォーズ フェア」だろう。

「サークルKサンクス」で700円の買い物をすると「ラッキーカード」が1枚貰え

当たりが出ればその場で「オリジナルピンズ」12種の内1種か対象商品の割引、

ハズレ券を集めて応募すれば「オリジナルR2-D2型DVDプレーヤー」か

「オリジナルMP3プレーヤー」が抽選で当たるというもの。

やはり狙いは、「R2-D2型DVDプレーヤー」だろう。

当選数2,000名と「PEPSI ドリンククーラー」に匹敵するレアアイテムになる事間違いなし。

これも、ありとあらゆる手を使ってハズレ券を収集、応募しまくった結果・・・・

息子と母親の名前で見事2台当選!!

1台は、ハズレ券の収集に使った資金の回収の為、オークションで早々に売却。

もう1台は、あまりの大きさの為(高さ約70センチ、重さ約10キロ)箱に入ったまま座敷に。

当たったはいいが、置き場所の事をまったく考えていなかった・・・。

ちなみに、その後にあった限定キャンペーンの「カップトッパー3種セット」も当選(義父名義)。

こういう抽選ものは、当たるまでの過程が楽しいのだが、いざ当たってみると

置き場所には困る、かといって手放すのは惜しい・・・必ず片付けるからと、いつまで妻を

ごまかせるのか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PEPSI ボトルキャップ その4

2006-01-25 08:10:07 | スター・ウォーズ

Cp_top 終わりかと思った「スター・ウォーズ ボトルキャップ」が

「エピソードⅢ」のDVD化に併せて復活する!

今回は、最後に相応しい豪華なキャンペーンである。

「エピソードⅠ」の時に、自力では集める事の出来なかった

「SPボトルキャップ」12種が、通常の「PEPSI」のオンパックされ、

それも中身がわかるという親切さ。

(一体「エピソードⅠ」の時はなんだったのか・・・)

まあそれはそれとして、最後の最後にサントリーさん、やってくれますね!

「ボトルキャップ」自体の出来栄えも、格段に進歩しており、非常に満足のいくものだったし。

やっとこれで、「PEPSI」の呪縛から解き放たれるという開放感の中に、

本当に終わっちゃうの~という、もう一人の自分がいるのは内緒の話・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PEPSI ボトルキャップ その3

2006-01-24 09:09:54 | スター・ウォーズ

Sw3_collesta100 「スター・ウォーズ エピソードⅢ」の公開をもって、全六作が完結した

「スター・ウォーズ サガ」。

それと同時に「スター・ウォーズ ボトルキャップ」も完結を迎える(はず)。

まずは劇場公開時に、定番となった「ノーマルボトルキャップ」60種

(微妙に増えてる気が・・・)

また、「コレクションステージ」と「サウンドビックボトルキャップ」7セットは、前回同様

「セルフリキデーション方式」での登場となる。

そして、なんといっても一番の目玉は「R2-D2 ドリンククーラー」だろう。

「PEPSIマーク」12枚で一口、2,000名にしか当たらない超レアアイテムだ。

今回は、「ノーマルボトルキャップ」、「セルフリキデーション」用「PEPSIマーク」

は早々に確保し、最大の難関「R2-D2 ドリンククーラー」に重点を置く事にする。

通常の「PEPSI」購入に加え、オークションにて大量の「PEPSIマーク」を入手。

家族・親戚の名前も総動員して応募した結果・・・あえなく撃沈・・・・・・・・・。

こうして、最後は尻すぼみで、足掛け6年に及ぶ壮大な戦いに幕が下りる・・・

と思ったらまだあるのか~?

その4へ続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PEPSI ボトルキャップ その2

2006-01-23 09:01:12 | スター・ウォーズ

Sw2_collesta001_1 怒涛の「スター・ウォーズ ボトルキャップ」シリーズは続く。

「スター・ウォーズ エピソードⅡ」公開時には、「ノーマルボトルキャップ」52種

と種類は増えたのだが、レアアイテムは「7-11限定」の種類に留まり、

最大の難関である「SPボトルキャップ」は姿を消した。

それに変わって登場したのが「セルフリキデーション方式」という、聞きなれないシステムだった。

「PEPSI」に付いているポイントシール+決まった金額を支払う事で、必ず手に入るという

システムだ。

これにより、当たりを当てる為にだけ「PEPSI」を購入する事は無くなり

「クラシックボトルキャップ」10セット×1,500円と、「コレクションステージ」×3,500円の

計¥18,500円を支払えばよいという事になった。

(それはそれで、財布には痛いのだが・・・)

12種類の当たりを出さなくてはいけない「SPボトルキャップ」が無くなったのと、

「盲パイ」の技術(?)の向上もあり、「エピソードⅠ」の時ほどの「PEPSI」を

購入する事なく、このキャンペーンを乗り切る事が出来るのだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PEPSI ボトルキャップ

2006-01-20 15:12:19 | スター・ウォーズ

Sw1_collesta001 「食玩」と時を同じくして、コレクターの心を掴んだのが

「PEPSI ボトルキャップ」である。

「PEPSI」に付いていた「ペプシマン ボトルキャップ」がその始まりだったと思う。

袋の上から指で触って中身を当てる「盲パイ」(麻雀用語から)という言葉を流行

らせる等、一時期の「食玩」ブームの中心にあったといっていい。

その盛り上がりが頂点に達したのが「スター・ウォーズ エピソードⅠ」の公開に

併せて発売された「スター・ウォーズ ボトルキャップ」だろう。

(実際、既に公開前には、ほとんどが店頭から姿を消していたという噂だが・・・)

「ノーマルボトルキャップ」40種に、シールを捲って当たりが出なくては貰えない

「SPボトルキャップ」12種の計52種に加え、これまた抽選で2万名にしか

当たらない「コレクションステージ」と当時としては物凄いキャンペーンであった。

その後も「R2-D2缶ホルダー」「C-3POサウンドビックボトルキャップ」

「バトルドロイド缶ホルダー」「MTTクーラーBOX」と怒涛のキャンペーンが続くのである。

当時のこずかいのほとんどが、「PEPSI」の購入に回され、部屋には「ボトルキャップ」

を外した「PEPSI」の箱が山積み状態、あの「PEPSI」は全て飲んだのだろうか・・・

まったく記憶にない。

最終的に、抽選ものは全て自力で集める事が出来ず、「オークション」にて

「SPボトルキャップ」数点と「コレクションステージ」を落札して、フルコンプとなるので

あった。

味をしめた(?)サントリーさんのおかげで、「エピソードⅡ」「エピソードⅢ」と公開に

併せてその都度続いていくのであった・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食玩

2006-01-19 08:18:17 | 食玩・コレクションフィギュア

Eegu

小さい頃、週末に親と一緒に買い物に行った時に、一個だけお菓子を買う事ができた。

時間をかけて悩んだ挙句、結局手にするのは、「おまけ付きお菓子」だった。

当時のものは、本当にお菓子の「おまけ」であり、今考えるととても

「ちゃちい」ものだったが、その頃の自分にとっては、何が出てくるか

ドキドキしながら箱を開けていたのを覚えている。

現在の「おまけ付きお菓子」は「食玩」と呼ばれている。

「おまけ」とは名ばかりで、こちらの方がメインになり、お菓子は小さいガムやラムネ等が一個

付いているといった感じだ。

この「食玩」ブームの火付け役は、なんといっても「チョコエッグ」だろう。

「ガレージキット」等の製作・販売で有名だった「海洋堂」の製作した

精巧な動物のフィギュアが、卵型のチョコに入っているというものだ。

地域を分けてするといった独特な販売方法等もあり、全盛期には首都圏ではまったく手に

入らないといった状況が続いていた。

自分の様な「おまけ付きお菓子」世代が大人になり、自由に出来るお金が出来た事で

当時のうっぷんを晴らすが如く、「箱買い」「大人買い」といった買い方をしたのも

品不足に拍車をかけていたのかもしれない。

悲しいかな、自分のその渦の中に巻き込まれていく事になり(自ら進んでなのだが)

「大人買い」を続けた結果、消化しきれないチョコの山が誕生、様々な食べ方を試みるが

それも長くは続かず、結局は・・・。

世のコレクターは、お菓子なんかいらないのに~と訴えるが、メーカー側は「食玩」にするから

この価格で販売できると・・・と結局は、行き場の無いお菓子達。

本当の主役はお菓子達のはずなのに。

毎週一個の「おまけ付きお菓子」に十分満足していた頃には、もう戻れないのか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トミカ

2006-01-18 08:12:19 | 玩具・フィギュア・プラモデル

Photo_tom31_1 子供の成長と共に、自分の趣味も増えてきているような気がするのは、

気のせいなのか・・・。

そのひとつが「トミカ」、「TOMY」より発売されているミニカーで、昨年

発売35周年を迎えた、非常に息の長い「おもちゃ」のひとつである。

建物や道路など「トミカ」を基にひとつの町を作る楽しさ等で、子供に絶大な人気があるのに加え

次々と発売されるバリエーションの豊富さから、大人のコレクターにも人気の商品になっている。

そのコレクター魂をくすぐるのが、あちらこちらの企業から出される「販促物」やイベント会場等で

販売される「限定物」だろう。

しかしこの「販促物」や「限定物」が曲者で、その数や、一度足を踏み入れたら二度と

抜け出せなくなる底なし沼のように、膨大な数の商品が出回っているのである。

一時、この「限定物」という言葉に誘われ、危うく足を踏み入れそうになったが、それ以外の

コレクションの事も考え、ここはグッと我慢の子。

それでも、見ていて楽しい「ディズニー物」くらいは集められるだろうと思ったのが運のつき・・・。

毎月のように新車やカラーバリエーションが発売されるので、それをチェックするのが大変。

おまけに、一度店頭から消えてしまうと、なかなか探すのが難しくなってしまう。

挙句の果ては、「ディズニーリゾート限定」なんてのもある・・・。

しかし、それを克服して手に入れた時の感動を求め・・・現在も鋭意収集中である。

画像は、年末に発売された「ディズニートミカコレクション Dカプセル」。

全12種類もあって、その内10種が既発売のカラーバリエーション・・・って

「TOMY」さん、なんとかなりません?

とか何とか言って、「トイザらス」で箱売りしてるのを見つけて、衝動買い・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかあさんといっしょ

2006-01-17 08:30:06 | イベント

Title_okaa_1 子供時代から二十数年以上も見ておらず、子供が生まれた3年ほど前から

見出した番組がある。NHKの「おかあさんといっしょ」である。

リアルタイムで見ていた頃の事はほとんど覚えていないが、お兄さんとお姉さんと着ぐるみの

キャラクター達が、歌って・踊って・・・というところは変わっていないようだ。

しかし、当時と明らかに違っている所があった。

それは、親達(お母さんが主)の盛り上がり方である。

昨今の「戦隊ヒーロー物」と同じかどうかはわからないが、子供以上に親がはまっているよう

にも思える。

その対象となる代表的な人物は「ひろみちお兄さん(佐藤弘道)」である。

昨年、長年勤めた「体操のお兄さん」を卒業するや、民放に進出しCMやバラエティ番組に

引っ張りだこで、彼の顔を見ない日はないと思うほど、ブレイク中だ。

その「ひろみちお兄さん」も出演する「NHKおかあさんといっしょスペシャル ぐ~チョコランタンと

ゆかいな仲間たち みんなであそぼ!」が、3/4~5と「さいたまスーパーアリーナ」で

開催される。

すぐ近くでの開催でもあるし、友人家族も誘って見に行ってみようという事になり、チケット

を取ろうとするがこれが大変。

当然ながらほとんどが親子連れとなる為、連番での取得は困難を極めた。

アリーナ席は瞬く間に完売、なんとかその次のA席に標準を絞り、電話をかけまくった結果

無事、連番で6席確保した。

もっと簡単に取れると思っていただけに、疲れると共に驚きだった。

しかし、1歳以上から大人と同じ金額なんて・・・3名分で¥7,500なり。

まあ、子供が主役なんだからしょうがないか・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おかえり伸二!

2006-01-16 08:37:50 | 浦和レッズ

Ono ここら辺で一休み、まだある趣味のひとつ、「サッカー」の話題でも。

「サッカー」との出会いは、中学生の時の愛読書「週間少年ジャンプ」に

連載されていた「キャプテン翼」がきっかけである。

サッカー少年「大空翼」がサッカーを通して、仲間・ライバルと共に成長

していく姿を描いた「サッカー漫画」である。

最後には必ず勝利してしまう翼率いるチーム、どう考えても実現不可能なシュートの数々等

(?)な部分は数多くあるが、当時はドキドキしながら次の火曜日(田舎でのジャンプ発売日)を

待っていた。

通っていた中学校に「サッカー部」は無く、高校に入ったら必ず・・・と意気込んだものの

同じく「キャプテン翼」に影響されて入部した大勢の新入生と共に、地獄のシゴキに耐えられず

一週間ほどでリタイア。しばらく「サッカー」からは遠ざかる事になる。

就職してしばらくしすると、「Jリーグ」が開幕、我が町にも「浦和レッドダイヤモンズ」が誕生する。

開幕当初は「Jリーグのお荷物」と言われていたチームが、ここ数年は、必ず優勝争いに顔を

出すチームに変貌している。

そしてその「浦和レッズ」に、あの伸二が帰ってくる!

昨シーズン2位、元旦の天皇杯優勝の勢いのまま今シーズンも突っ走るのか!

ここ数年、足を運んでいなかったスタジアムへも、今年は息子を連れて行きたいと思っている。

今から開幕が楽しみである。

とにかく、おかえり~伸二!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スター・ウォーズ その3

2006-01-15 16:28:26 | スター・ウォーズ

Swrotj就職して、自分の自由になるお金が格段に増えた事により、今まで手を

出せなかった「ソフト」購入にはまっていく事になる。

その当時は、昨今の「DVD」の台頭などまったく想像出来なかった為

ビデオより画質・音質もいい「レーザーディスク」のコレクションの没頭した。

当然の事ながら、「スター・ウォーズ」のLDも購入して、流石LDは画質が

違う~などと、悦に浸りながら繰り返し見続けるのである。

それからしばらくして、「スター・ウォーズ」生誕20周年を記念して「トリロジー特別編」の

公開が発表された。

オリジナルとは若干違ってはいるが、「旧三部作」を劇場で見る機会が訪れたのである。

またそれと時を同じくして、「ハズブロー社」から「スター・ウォーズ」の「フィギュア」が復活、

日本では、「ハズブロー・ジャパン社」より、正規に国内販売される事になった。

以前から輸入TOYの店頭で、高価な為、眺めるだけだった憧れの「フィギュア」が手に

入るのである。

この時から、現在の趣味の半分は占めるであろう、「フィギュア」のコレクションが始まった。

ここでも「スター・ウォーズ」に生き方を変えられてしまった・・・まだ言うか・・・。

以下、その4へ続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スター・ウォーズ その2

2006-01-13 15:53:12 | スター・ウォーズ

Swtesb しばらく「映画」というものから遠ざかっていたが、高校生になった頃から

「レンタルビデオ」が急激に普及してきたのをきっかけにして、徐々に

「映画少年」になっていく。

そこで、その時知り合いになった小さなレンタルビデオ屋のご主人が

好きだった事もあり再び「スター・ウォーズ」に出会う事になる。

そのご主人に、当時最新の「レーザーディスク」からダビングしてもらった

テープを何度も何度も見ていたのを覚えている。

この時、「映画」の世界では「SFX」の技術が格段に進歩した事もあり、SF・ファンタジー

系の作品が数多く製作されていた。

それを劇場やレンタルビデオで毎日のように見ており、沢山の傑作に出会う事になる

のだが、その中でも「スター・ウォーズ」を超える作品はなかったと記憶している。

そんなこんなで、映画漬けの高校生活も終盤に差し掛かり、進路の選択を迫られた際

自分では当然の如く、映画配給会社への就職を考えていた。

ところがたまたま読んだ本に、映画配給会社の採用は年に一人程度、それも一流大学

卒との記述が。

それが本当かどうか当時は調べるすべもなく、あっさりと夢は崩れるのだった・・・。

まったくと言っていいほど就職活動をしていなかった為、親の伝を使ってなんとか就職、

上京。

「スター・ウォーズ」に生き方を変えられた・・・ちょっと言いすぎか・・・。

以下、その3へ続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スター・ウォーズ その1

2006-01-13 09:33:04 | スター・ウォーズ

Swanh またまた「映画」の話題という事になる。

「スター・ウォーズ」は、昨年公開された「エピソードⅢ シスの復讐」をもって

全六作が完結した、言わずと知れた超大作である。

この作品と出会った事で、その後の生き方をも変えられてしまったほど

(ちょっと大袈裟かな)思い入れのある作品なので、本来であれば「映画」と

言えばまず最初に・・・と思ったのだが、あまりにも思い入れが強すぎて、

どうやってアプローチすれば良いかわからなかったのだが、とりあえず自分の中での

整理も含めて、今後じっくりと書き綴っていこうと考えている。

まず、第一作「スター・ウォーズ」(後に「エピソードⅣ 新たなる希望」の副題が付く)に出会った

のは小学校の低~中学年の頃だったと思う。

当時のTV放映を見て、もの凄いほどのカルチャーショックを受けたのを覚えている。

「正義が幾多の苦難を乗り越えて悪を倒す」という単純なストーリーなのだが、その中に

何とも言えない魅力が沢山詰まっているのだ。

よく、「スター・ウォーズ」のどんな所が好きなのかと聞かれるのだが

自分でもうまく説明が出来ない。

しいて言えば、その「世界」全体、という事になるのか・・・。

又、わずかなおこずかいで、コカ・コーラの王冠やチョコのおまけを集めていたのも懐かしい

思い出である。(これが後に・・・)

当時は、劇場で「映画」を見るという習慣も無かった為、続く二作を含めた、「旧三部作」は

結局、リアルタイムで劇場で見る事は無く、TV放映時の鑑賞のみだったのが、今となっては

残念である。 

以下、その2へ続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加