4つのL(生きて・愛して・学んで・捧げる)

名著「7つの習慣」を読む中で、想い・気づき・決意を綴ります。(※個人の感想のため、本の正しい解釈と異なる場合があります)

価値観形成に影響するもの

2016-10-18 10:00:20 | 7つの習慣
「7つの習慣」では、オーストリアの精神科医で第二次世界大戦中、ナチスの強制収容所で過酷な体験をしたヴィクトール・フランクルの言葉や考え方がしばしば引用されます。(フランクルは強制収容所での体験を元にした「夜と霧」という本で有名な人でもあります)



「7つの習慣 デイリー・リフレクションズ」の10月18日の頁には、価値観に関するフランクルの考えが引用されています。

その考え方とは、人生には次の三つの中心となる価値観があるというものです。

1.経験
2.創造
3.姿勢

1.「経験」は自分の身に起こること

2.「創造」は自分で創り出すものの価値

3.「姿勢」は過酷な現実に直面した時の反応

と説明されています。

原書(英語版)では、

"Victor Frankl suggests that there are three central values in life - the experiential, or that which happens to us; the creative, or that we bring into existence, and the attitudinal, in the paradigm or reframing sense."

"In other words, what matters most is how we respond to what we experience in life."

"Difficult circumstances often create paradigm shifts, whole new frames of reference by which people see the world and themselves and others in it, and what life is asking of them."

となっています。

そして、パラダイムを作り直す際に一番大切なものは3の「姿勢」だそうです。

"人生で体験することにどう反応するか?"が最も大切であるというのです。

これは、

"刺激と反応のあいだには選択の自由がある"

"その自由の中で、人間の4つの能力(自覚・良心・想像・意志)を使えば、人間に内在する可能性を引き出せる"

とする「7つの習慣」の基本理念のようなものと合致する考え方です。

ヴィクトール・フランクルの思想は、「7つの習慣」という奇蹟的な本が書かれるうえで、少なからぬ影響があったのかも知れません。

ここからは、私個人の解釈ですが、

1.「経験」は、過去~現在の手前までのインプット

2.「創造」は、過去~現在の手前までのアウトプット

3.「姿勢」は、現在~未来を形成する内面(インサイド)

と関係しているように思います。

どれも価値観形成に重要な役割を果たすことは共通しています。

しかし、

「経験」は現実からのフィードバックであるという良い面もあれば、もう変えることができないという側面も持ち合わせます。

「創造」は内側から世界に働きかけることができるという良い面と、内側にあるものからしか導き出せないという側面もあると思います。

「姿勢」は上記の「経験」にも「創造」にも働きかけることができるものだと思います。

自分の「経験」をどう捉えるかは自分の「姿勢」次第ですし、どれだけのものを「創造」するかもそのときの「姿勢」が影響を及ぼすからです。

ヴィクトール・フランクルやコヴィー博士の考え方と比べてどうかは分からないですが、「姿勢」はすべてをコントロールする起点になり得るように思うのです。

そして「姿勢」であれば、すでに起きてしまった「経験」に制約されず、創り出さなければならない「創造」の労力を伴わずに、今すぐにでも改善できるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どんな一日にしたいですか? | トップ | 関心の輪と影響の輪 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。