能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

ニコタマ・ルネサンス 東急グループの都市再開発で二子玉川は職住接近のエコシティとして再生されました

2016年10月29日 | マーケティング

東京・二子玉川・・・ニコタマ。

東京23区の西の端に位置しています。

東急電鉄が再開発に乗り出し、自然との調和、エコシティとして、職住接近の街を完成させました。

脇を流れる多摩川や、上野毛から岡本に続く高台・・・住みやすさでは都内随一。

東京の住みたい街ランキングでもトップ10に入っています。

以前は、玉電の走る普通の乗換駅・・・そばには大山へと続く街道・・・。

葦の生える多摩川の河畔という感じでした。

昭和の遊園地やネコタマなどで、ごくたまに脚光を浴びました・・・。


今では、日本初の郊外型百貨店・二子玉川高島屋、ライズショッピングセンター、蔦屋家電、レストラン街をコアとして、高層マンション、楽天の本社などが林立・・・シネコンやイベントスペースを備えた街に変身しています。

東横線の武蔵小杉・・・ムサコの再開発もすごい勢いがありますが、ムサコの街は、ちょっと無機質な感じです。

都内での再開発は、汐留、豊洲など、成功したとは言えない中途半端な状況。

そういった意味では、二子玉川での都市開発は、成功と言えると思います。

ニコタマ・ルネサンス

これで、ハードとしては、完成型だと思います。

これからは、ソフトとストーリー・・・。

二子玉川・・・昨年あたりから、芸術、アートによる街おこしの動きも出てきています。

新しい街の新しいコミュニティづくり・・・若いファミリー層が多いだけに、その展開が楽しみです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カープ、日本一に向けて・・... | トップ | カープ、日本シリーズで散る... »

マーケティング」カテゴリの最新記事