能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

空飛ぶクリームパン 広島の地方都市の創業昭和8年の老舗パン屋さんが産み出したイノベーション 八天堂

2017年07月15日 | マーケティング
広島県の小さな町・三原市に小さな老舗パン屋さんがありました。

八天堂

そのままでは存続の難しい小さなパン屋さん。
この小さなパン屋さんには、唯一、クリームパンという人気商品がありました。
クリームパンといっても、クリームパフのような、クリームたっぷりの冷たいケーキ。
実験的に、東京の駅や空港で特設ワゴンで売ってみたところ、ヒット!

その懐かしく、ちょっと新しいテイストは、人々のハートをとらえました。


選択と集中・・・
小さな企業のサバイバル・・・
限られた経営資源を、一つに集中させる・・・
マイケル・ポーターの差異化戦略をうまく展開した事例だと思います。

空港や駅で、八天堂の前を通るたびに、必ず惹き付けられるクリームパン。
特に、チョコレートテイストが大好物です。


今では、広島空港のそばにクリームパン工場を新設。
飛行機を使って、全国展開にチャレンジしています。
空飛ぶクリームパン・・・おすすめの銘品です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狩りガール・・・女性ハンタ... | トップ | 芸術的なトイレ 大阪・西梅... »

あわせて読む