能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

瀬戸内海 海辺のドライブ 音戸大橋や早瀬大橋を渡り、多島美と自然海岸、ブルーオーシャンを楽しみました

2017年05月06日 | 旅行
愛車を転がして、瀬戸内海の海辺のドライブ。
本当に美しいブルースカイ&ブルーオーシャンでした。


世界中を見渡しても、ここまで美しい内海を持つ国は数えるほどしかないように思います。
エーゲ海・・・。
アドリア海・・・。

まずは、音戸大橋を渡り、倉橋島へ。
音戸(おんど)の瀬戸は、平清盛が切り開いたという伝説があります。


倉橋島サイドでは、狭いスペースを有効活用するため、ループ橋になっています。


音戸大橋・・・ツツジでも有名です。


今では、第2音戸大橋も架けられています。




渡船。
日本で一番短い定期航路が運行されています。
自転車を乗せて運賃、150円だそうです。


そして、早瀬大橋を渡り、能美島、江田島へ。
 
 
 

海の青さが、いっそう際立ちます。
美しい。


沖美あたりは、別荘やペンションが立ち並ぶエリア。




季節は、ツツジの季節。




ツツジの色彩が、海の青さに映えます。



150キロのドライブ・・・最高の休日でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ野球の12球団選手年俸... | トップ | 広島フラワーフェスティバル... »

旅行」カテゴリの最新記事