能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

広島市の中心部にある中国庭園 渝華園(ゆかえん) 風水を体感できるパワースポットで「氣」を充填

2017年05月18日 | まち歩き
最近、広島の街で、ちょっとした問題になっているのが、広島駅の北側にある二葉山のトンネル問題。

広島高速道路と広島駅を結ぶために、二葉山を掘削し、トンネルを造成しているのです。
このトンネルにより、陥没のリスクや二葉の里の自然破壊が懸念されています・・・。

ただ、この二葉山・・・風水的には、広島市の鬼門にあたります。
広島東照宮、鶴羽神社、仏舎利塔をはじめとした神社仏閣で、中世から、廣島の町を守っています。
世界遺産の宮島にある厳島神社は、裏鬼門を守護していると言われています・・・。

そして、その対角線上に、広島城があります。

その神の山に、穴を空ける・・・。
個人的には、このトンネルは使いたくありません。
工事の無事、交通の無事を祈るばかりです・・・。

*************************
 
いつもの散歩コースの途中にある中国庭園。

渝華園(ゆかえん)。



ほとんど人が訪れない、この庭園(笑)。
のんびりと、風水空間を楽しむことが出来ます。



この庭園は、1986年に広島市が中国重慶市と友好都市になり、
その後1991年に友好都市提携5周年を迎えた際に記念に永久的な友好のシンボルとして、
相手国様式の庭園建設を合意、両市庭園の完成に向け技術助言・指導するなどし協力。

広島市の渝華園は1992年に完成、重慶市の日本式庭園である広島園は1991年に完成したとのことです。



「渝華園」の「渝」とは重慶市の古称であり、「華」とは華美を意味しているとのことです。




邪気を払いそうな鋭角な屋根です・・・。


重なり合うような門、壁のデザイン、建物の配置、湾曲した形の池、植え込み・・・。
風水をベースとした配置になっています。


氣の流れも、かなり、良しです。

広島城や原爆ドームからも歩いて行ける距離にあります。
氣の充填をしたい方には、おすすめのパワースポットです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリザベト音楽大学 ベルギ... | トップ | 日本の経営コンサルタント ... »

あわせて読む