能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

カープの観客動員は順調に推移 今こそ明日の経営に向けたかじ取りを・・・ファン倶楽部会員でもチケットが

2017年06月20日 | カープ大好き!
セリーグ首位を走るカープ

交流戦も、最後ソフトバンクに敗れはしましたが、12勝6敗と勝ち越し。
今までのカープでは考えられない好成績です(笑)。

ズムスタは、いつも満員御礼。
神宮球場やハマスタ、東京ドームでもレフトスタンドや三塁側からチケットが売れていきます。
カープ戦は、多くの球場でドル箱的な存在になっています。

昨年のリーグ優勝が、そしてカープグッズやカープ女子の存在がカープ人気を底支えしています。

水を差す気は、全然ないのですが、半世紀以上、カープを応援してきた小職としては、危機意識も感じています。

仕事が終わって、そのまま旧市民球場に直行・・・
当日券を買って、がらがらのスタンドでビールを飲みながらカープの選手たちを応援する・・・
そんな時期が、かなり続いていました。

それが、今では、カープファン倶楽部に入っていても内野自由席のチケットの入手も、かなり困難な状況になってきました。

ちなみに、カープファン倶楽部は12球団で唯一定員制です。

昨年までは、ファンクラブ会員へのチケット先行発売で、何とかチケットを入手できましたが、
今年に入って、それも難しい状況です。

ファンクラブに入っていても、ズムスタに行けない・・・。
ネットでは、すごい価格のチケットが流通しているというのに・・・。
今シーズンは、わずか2回しか聖地ズムスタに行けていません・・・。


そのうち、テレビ観戦が日常生活の中に組み込まれ、それがフツーの状態になっていく・・・
スタジアムのライブ感や盛り上がりから離れていく・・・ちょっと寂しい限りです。

会社でも流行歌手でもスポーツ選手などもそうですが、ずっと栄光の日々、絶好調・最高潮の日々が続くという事は、まずありません。

栄光のジャイアンツでさえ連敗を続け、観客動員数が減少傾向です。

カープであっても、そのリスクは常に抱えていると思います。

カープの明日の経営がちょっと心配・・・。
球団は、キャッシュフローが潤沢にある今だからこそ、その日に備えておかなければいけないと思います。

がんばれ!カープ

今週末、地元マツダスタジアムでの阪神戦が、前半戦の一つの山場。
屈辱の甲子園のリベンジをお返しする絶好の機会です。

がんばれ、投手先発陣。
がんばれ!カープ
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカズカップ ソフトバ... | トップ | JR西日本の終日、女性専用... »

あわせて読む