能率技師のメモ帳

マネジメント理論を世のため人のために役立てるために・・・
中小企業診断士・特定社会保険労務士のソーシャル備忘録

月刊BIG tomorrowが廃刊 38年続いた成功雑誌が幕引き 日本の若者たちは堅実人生を歩みます

2017年12月03日 | 本と雑誌
街の本屋さんの数が、どんどん減少しています。
それどころか本屋さんのお客さんも減るいっぽう・・・。
年配、シニア層の時間つぶしの場になっているようです。

出版不況・・・歴史ある雑誌も年々休刊、廃刊。
ちょっと寂しい出版業界です。

スマホやタブレット、時代の流れに逆らうことはできません。

書店には、週に一回は必ず訪れているのですが、
店頭で「月刊 BIG tomorrow(ビッグ・トゥモロウ)」の廃刊を知りました。

創刊して38年間。
青春出版社から400号以上が世に出されました。
読者層は、大学生から若きサラリーマンの男性・・・。


この雑誌のコピーは、「お金のことから仕事、人生まで。あなたが変わる!
人生の成功やキャリアアップ、起業や投資まで、ちょっと危ない話を織り交ぜたテーマを取り上げた、
若き志と夢、向上心に訴求するコンテンツを毎号取り上げていました。
芸能人や経営者、スポーツ選手などのインタビュー記事で飾られていました。

最終号の特集は、
「説得力のある話し方」
「読んで身になる読書術」など・・・。

時代の趨勢とは言え、月刊BIG tomorrowの廃刊は、時代の流れを顕在化したものだと思います。

今の若者…大学生、20歳代のビジネスパースン・・・。
オヤジ世代のような夢を持てないジェネレーションなのかもしれません。
生まれてから、ずっと不況・・・バブル経済を知りません。

とても現実主義者、リアリストで、自分の世界を大切にする人たちが多いように思います。
彼らの特徴は、次のような感じなんですかね。
 
・クルマもマンションも欲しくない
・カーシェアやレンタルでOK
・いつでも動ける賃貸派
・絶対、ローンを組まない
・モノに固執しないミニマリスト
・恋愛感覚より友達感覚
・スマホ、タブレットに強くても、PCでのタイプが出来ない
・少食で健康志向
・環境意識高し
 
底から這い上がろう!というギラギラ感を持っていたオジサン、オバサンからすると、
ちょっと異次元のヒトに見えたりもします。

そして、オジサン世代としては、背も高く、足も長いスマート君は羨ましくもあります(笑)。

でも、彼らは、リアリスト・・・。
もう、BIG tomorrowの世界なんて、昭和の価値観になってしまったんでしょうね。


ちょっと寂しく、久々に買ったBIG tomorrow最終号に目を通した日曜日です。

この記事をはてなブックマークに追加

広島の隠れ家・半べえ庭園 日本庭園と半べえ温泉で、ゆったり、まったり、エネルギーチャージです

2017年12月03日 | まち歩き
広島駅から車で15分。
広島の隠れ家とも言える小さな日本庭園があります。
地元の人も、なかなか訪れない隠れたスポットです。
 
 
 

よく手入れされた庭園は、小ぶりながらも静寂の空間。
 
 
 

結構式場やお見合い、忘年会や新年会などの会合にも使われているのですが、
すごいのは、温泉とレストラン。

半べえ温泉は、露天風呂もあるスーパー銭湯の小型版。
入湯料は、わずか770円。
 

それから、鯛めしやてんぷら、刺身、牡蠣などが楽しめるレストランや料亭、喫茶店もあります。
そこで働く人たちもフレンドリー・・・ホスピタリティ高し・・・です。
 
 

ちょっと疲れたら、ここの温泉でゆっくり、まったり・・・。
(残念ながら、宿泊施設はありません)
 
 
 

風呂上りのビールが、サイコーです(カープの鈴木誠也風に)。
チアーズ!!!


この記事をはてなブックマークに追加