囲碁きちの独り言 Ⅱ

趣味の旅行、ハイキング、アコーディオン、うたごえ、囲碁の事や日常の出来事を記録する。

国の政治と直結・・・

2017-07-15 22:08:05 | 囲碁きちのつぶやき

今日、日本共産党の「市政報告」が届きました。その紙面には、米軍所沢通信基地のことが報道されていました。

米軍所沢基地にソーラーパネルを設置し、車両駐車場をつくる と言う計画が「一旦中止」と書かれていました。いち早く、この計画を察知した日本共産党所沢市議団が問題視して、所沢市の米軍所沢基地対策協議会で問題提起する構えを見せたことで、米軍基地側が計画の再検討を余儀なくされたためのようです。

でも、日本共産党所沢市議団の問題提起まで、防衛施設庁も所沢市もこの問題に対して何の情報ももっていないことも判明しました。要は、日本政府にも、地元自治体にも何の連絡もなく、米軍基地内の改変などが出来ることです。まさに、戦勝者米軍の言いなりで、日本は口をはさむ余地が全くない と言う実態です。これで、良いのでしょうか?

東京新聞の安保法制を特集した記事の最後に、こんな「デスクメモ」が掲載されていました。

 

短い文章の中に、日本が今置かれている状態が書かれています。首都圏の制空権も米軍が握る実態は、まさにアメリカの植民地同然です。こんな実態を放置して、「アメリカに押し付けられた憲法を改正する」と叫ぶ自民党に、その前に、現に行われている「日米地位協定」を見直し、日本の主権を認めさせる方が先決ではないか と訴えています。私も、同感です。

所沢の地で起きていることは、日米関係の縮図です。その為にも、今の日本の政治のあり様を根本的に改める必要性を実感しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「連合」って、何??? | トップ | 囲碁、国際戦で惨敗! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL