tomitaikyoブログ

富退教(富山県退職教職員協議会)事務局からの情報発信です。会員の親睦を中心に教育現場への支援など様々な活動をしています。

教育無償化で百家争鳴

2017年04月05日 | 日記

 与野党が「教育無償化」を競うように今後の目玉政策に掲げているとのこと。今日(4/5)の北日本新聞2面に見出しの記事がありました。問題は財源・・・?いくつかの案が出ていますが、先日、自民党の小泉新次郎氏らの若手で作る「2020年以降の経済財政構想小委員会」が提案した「こども保険」の構想は、個人的には良い案のように思えます。

 これは、医療や年金と同様に保険料を支払って給付を受ける方式ですが、子どもを持たない人にも幅広く負担を求めることに理解を得なければならないようです。(これがちょっと難点か?)ただ、小泉氏が語っているように、「社会保障の持続可能性を担保してくれるのは若い世代だ」として、子どもを持たない人にもメリットがあるとしている点が注目です。

 只今(4/5午後10時過ぎ?)テレビを見ながら、このブログを書き込んでいるとテレビの「報道ステーション」で、これらのことを少し紹介していました。今後、次第に議論が盛り上がっていきそうです。(土)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界が激変!? 未知の経済... | トップ | 番外編・・・区長会の歓送迎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。