tomitaikyoブログ

富退教(富山県退職教職員協議会)事務局からの情報発信です。会員の親睦を中心に教育現場への支援など様々な活動をしています。

民意とは何か?

2017年08月09日 | 日記

 「民意とは何か」というテーマで7/24(月)のNHKマイあさラジオ「社会の見方・私の視点」において、三浦まり氏(上智大学法学部教授)が語っていました。(ストリーミングで聞きました。8/21に配信終了予定。)話の中では、「権力者が勝手に民意を規定してしまうことがあるが、多数決の結論ばかりが民意ではない」という至極当たり前の事が確認されていました。そして、多様な意見から合意形成を図るプロセスこそが大切であり、合意形成を図る過程で一人一人の意見も「変わりうる」ということを前提にしていくべきということが論旨だったように思います。

 ただ近年において、この民意の形成過程には落とし穴もあるようです。以前にHHKの同番組で(既に配信終了し、誰の話か忘れましたが・・・) AI(人工知能)等を使って世論を意図的に形成されている可能性があることを知りました。それは、ボット(自動化されたAIによって人間がやったようにコンピュータ上に表示される仕組み)で、世論を誘導する仕組みが出来上がってきていると言われます。それは、先の米大統領選挙でもトランプ大統領誕生の裏に、このようなボットでトランプ氏が有利になるよう仕組まれた形跡も見られ、「フェイクニュース」等で世論が操作された痕はその例です。また、イギリスのEU離脱でも、このボットでの世論形成が仕組まれたことなどが噂されています。

 日本では、これまでもマスコミが世論を主導するような働きをしてきましたが、私たち国民は、これまでよりも一層、「何がベストか自分の頭で考えること」を心がけていく必要があるようです。(土)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本ファーストの会? | トップ | ※番外編・・・映画「二十四の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。