tomitaikyoブログ

富退教(富山県退職教職員協議会)事務局からの情報発信です。会員の親睦を中心に教育現場への支援など様々な活動をしています。

高齢者の定義見直し

2017年03月06日 | 日記

 先般、日本老年学会などが、現在65歳以上とされている高齢者の定義を75歳以上に見直すよう提言しました。もとはと言えば1950年代の国連の報告書で65歳以上を高齢者としたことから、慣例的に65歳以上を高齢者としてきたようです。厚労省の国民の意識調査でも高齢者に対する印象はけっして65歳以上ではなく70歳以上と認識している人が多いという結果が出ています。ただ、社会保障制度とのからみで高齢者の定義は簡単に変えられないところです。私たちも年金は65歳からしっかり頂きたいですから、「65歳から高齢者」との定義で個人的には大いに結構・・・!? 間もなく私も65歳を迎えます。(土)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番外編…教友会理事会出席 | トップ | 昭恵夫人は公人or私人? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。