山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

茶臼山(川中島、信玄が本陣を築いた山)

2017-03-06 16:35:59 | 山城ー信州
茶臼山は長野県長野市篠ノ井布施にあります。

茶臼山地図
県道86号線で、信里小学校の向かい側から、茶臼山への案内があります。

案内板

駐車場から見た川中島

駐車場から1100m



旗塚が途中にあります。

旗塚を上りつめると

物見のような場所があり、北に茶臼山が見えます。

山を下り、土塁が北側に築かれています。駐屯地のように思えます。この先は深い谷です。

進入禁止(車両)の看板の道を下ってゆきます。これを誤って右手に進みましたところ

信里集落に通ずる道には高い土塁があり

北にも土塁があり、集落に通ずる道を監視する曲輪があったと思われます。(私見です。)

進入禁止の標識から北に進み、旗塚の方面を見上げています。断崖です。

林道をあるくと、この案内になります。ここをよく見ますと虎口のように見えます。

茶臼山頂部

永禄4年(1561)8月、上杉謙信は1万3千の兵を率いて犀川と千曲川を渡り、海津(かいづ)城を見下ろす妻女山(さいじょさん)に陣をとった。急報を受けた信玄は甲府から進軍し、茶臼山に本陣を構え、謙信の退路を断った。10日以上両者のにらみ合いが続くが、やがて信玄は茶臼山を降り、海津城に全軍を集めて、9月10日、啄木鳥(きつつき)の戦法にかかる。以前は北峰と南峰があったのが、大正時代に地滑りが発生し南峰がなくなったという。頂上近くには本陣跡の碑が建っている。
 岡澤先生の史跡解説
 岡澤先生のプロフィール
武田信玄は有旅(うたび)の茶臼山に本陣を構え、脇備えとして石川茶臼山に砦を築き、弟信廉(のぶかど・逍遥軒)を守将として、妻女山に籠る謙信の動静を監視させた(『石川村誌』)。この石川砦は茶臼山本陣と相対し、海津城へは約5Km、茶臼山本陣に比べて1Kmほど近く、川中島地方が一望できる好位置にある。こうした点で茶臼山本陣の場所に有旅、石川の両説が生まれた。
井上靖の小説『風林火山』には、8月18日に古府を出発した本隊1万は、大門峠を越え、21日上田に到着し、22日まで同所に宿営した。信玄は23日、南信3千、北信5千の兵を加え、24日払暁千曲川を渡って川中島に進出、妻女山の謙信勢に相対して布陣したとある。
耕心庵寺伝によると、合戦後、信玄は海津城将の高坂弾正らの将兵を引き連れて川中島の地を巡察した。そのおりに茶臼山の中腹柳沢で駕籠から降りて休息した。川中島合戦で荒廃した眼下に広がる村里を望見した信玄は、八幡原の激戦で犠牲になった多くの人々の菩提と、この川中島に上杉軍が出陣しないことを願い、高坂弾正に、「この地に禅寺を建立して、法性山甲信庵と名づくべし」と命じ、信玄持仏の青面金剛像を奉納したという。
武田信玄奉納と伝える川中島地方の仏像は、安養寺の懐中仏不動明王像(青木島町大塚)・讚楽寺の甲仏(川中島町戸部)・広徳寺の弁才天像(若穂保科)がある。長野市「信州・風林火山特設サイト」より


この説明ですと旗塚が信玄の本陣で、北の石川茶臼山は信廉が砦を築いたとされています。これは疑問です。石川茶臼山は本丸を一時的にも、周囲に曲輪を配置し信玄の守りを堅固にしています。この旗塚はそれこそ砦であって、多くの兵を周囲に置けません。諸兄はいかがお考えになるでしょうか。

次回 本陣から周囲の平地、南側竪堀


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古城山城(川田城)⑤ | トップ | 茶臼山② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山城ー信州」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。