山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

武田氏の西上州への侵攻(下仁田町史)⑤

2016-10-29 14:58:35 | 歴史資料
碓氷峠の戦い
関東管領、上杉憲政の配下金井小源太秀景を大将とする上州軍は佐久郡の志賀城を攻めている武田軍を襲いかかろうとした。晴信は、志賀城包囲軍中から直ちに腹心板垣駿河守信形に命じて、小山田左兵衛尉信茂、栗原左衛門尉定孝、日向大和守昌時、小宮山丹後守昌友等の諸隊を引き抜いて立ち向かわせたが、まさに一騎当千の強者たちである。八月六日午後四時遭遇戦となり激戦の後、上州方は敗れて退却しはじめた。この時期の日没は午後五時ころだったと推定されるから、甲州勢は長追いできなかったのであろう。
 恐らく武田方はこの夜のうちに追分付近まで進出、翌日には碓氷峠に向かい残敵の掃討戦を行う必要があった。「関八州古戦録」に、時に上州勢の五千余騎は峠より北に備え主力は坂を打越し進みけるが、敵の押来るを見て隊伍を立て直さんと犇めくとこへ甲平鬨の声をあげて矢を射る。上州方も同じく鬨を合わせて打ってかかれば、武田勢は急にくびすを返して遠のく。上杉勢はこれを逃さ地じと追い討ち懸けた。板垣思うまま引き寄せ、手勢二百騎を一度に取って返し喚声を上げて突っ込んだ。その中に広瀬左衛門景房十七歳、仁科伝衛門形幸十九歳、真っ先に槍を入れ、広瀬は敵将藤田丹後守を討取り、仁科は師岡隼人正に槍を突けて散々突きまくった。上州勢は板垣勢に追われて峠へ引き上げて新たに陣を立て直そうとするところを板垣勢に遮二無二突き立てられたので、こらえかねて崩れ去った。この時武州の深谷内匠助小桜縅の若武者が坂の半ばで踏みとどまり、大長刀打ち振り、汚し返せと罵りながら突っかかるが、浮足立った上杉勢は大勢であるが、耳にも聞き入れず踏みとどまる者もなく、内匠助ただ一騎だけが追い来たる甲兵十四人を薙ぎ伏せて悠々と引き上げて行った。板垣はなおも追撃させようとしたが、上州勢は峠へ引取り後陣の新手を加えて一つになり備えを固めて持ち返したので、板垣はそれ以上の追撃を諦め引き返し、午の刻に勝鬨を挙げる。討取った首は千二百十九あったという。
 晴信はまだ瘧は治ってていなかったが、後の備えが十分でないので、たとえ板垣が切り勝ったとはいえ、このあと上杉勢が、どうでるかが不安もあって、病を押して出陣した。十月五日辰の刻には馬場民部少輔信房、内藤修理亮昌豊、浅利式部少輔信種、原加賀守国房、諸角豊後守昌清、山本勘介晴行、小幡山城守虎盛、原美濃守虎胤、安岡三右衛門、曽根七郎右衛門、以下総勢四千五百騎で甲府を発ち翌六日後には信州佐久郡軽井沢に着陣した。

つづく

旧中山道

旧中山道2

板垣勢が追撃戦を行った陣場原
私はここの陣場原で北の丘陵に砦を見つけております。安中市教育委員会に伝えていますが信用していないようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高柳城③ | トップ | 要害山城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史資料」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。