山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

和田城

2017-06-23 19:36:23 | 山城ー信州
和田城は長野県長和町和田にあります。

和田城地図

国道142号線の信号役場前から県道178号線に入ります。信定寺(この寺は大井信定の菩提寺)を過ぎて、東へ廻ると大きな碑があり、登り口があります。


信定寺

遠景

和田宿、街道沿いの町並みには中山道の宿場町の面影が残っています。ここで食べたおそばがおいしかったです。

和宮様が宿泊した本陣跡、700円?史料があり見学ができます。

信定寺を過ぎて100mくらい東回りに、この釈迦堂橋の碑があり、この奥に登り道があります。

遊歩道を登って10分くらいで尾根に着き、土橋

曲輪にお堂が建てられています。

中曲輪

宮坂氏はこれを本丸としています。

本丸を南から見ています。右手に東虎口

東虎口を見下ろしています。

本丸南西下の大堀切

大堀切の先は一段の曲輪

この尾根を見て、最初に来たときは戻ってしまいました。ここからとんでもなく長い縄張りが控えていますが次回とします。

大井氏について
大井氏は清和源氏小笠原氏の一族で、信濃国佐久郡大井郷を名字の地とする。すなわち、小笠原長清の七男朝光が大井庄の地頭となり、岩村田を本拠にし大井氏を称するようになったという。大井氏の系図については、『小県郡史』『尊卑分脈』『系図纂要』『群書類従』など、各本伝わっているがいずれも史料に照らして正しいものはない。
 大井氏の祖とされる朝光は、承久三年(1221)五月の「承久の乱」に幕府軍に従って、小笠原長清父子らと甲斐・信濃の軍勢五万を率いて東山道より上洛し、宇治川の合戦で功を挙げ、戦後、その功により大井庄を賜ったという。朝光の子光長は、鎌倉幕府四代将軍藤原頼経、五代藤原頼嗣、六代宗尊親王の三代に仕えた。七人の男子があり、嫡子時光は大室に、二男光泰は長土呂に住し、四男の行氏は耳取、五男宗光は森山、六男光盛は平原に住し、七男の光信は僧になり、大井法華堂を開基したと伝える。そして、大井氏の家督は三男の行光が継いだ。
 行光のとき、同じ佐久郡内伴野荘の地頭で小笠原家惣領職にあった伴野氏が「霜月の乱」によって一族誅滅にあうということが起こり、以後、佐久郡は大井一族が繁栄することになった。 武家家伝より



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埴原城⑫ | トップ | 和田城② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山城ー信州」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。