山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

政治を読む(酒田市ミサイルへの避難訓練)

2017-08-09 19:58:49 | 日記

酒田市の弾道ミサイル避難訓練を英BBCが報道 「国際社会の笑い者!」とネットで大荒れ

J-CASTニュース / 2017年8月9日 18時25分



写真

70年以上前の第2次世界大戦時以来?(写真はBBC日本語版サイトより)





日本国内各所で行われている弾道ミサイル飛来時の住民避難訓練の様子を、英BBC放送が全世界に向け発信したとし、ツイッターなどで、「完全に国際社会の笑い者」などといった声があがった。

空襲警報を思わせるサイレンが鳴ると子供たちは逃げ回り、老人たちは頭を抱えその場にうずくまり、壁に隠れたりしたため、「何の対策になるのか?」「70年前の戦時中か?」といった指摘も出た。この放送を見た外国人からは、米ソ冷戦時代を思い出した、とか、アメリカが1950年代に子供むけに作った民間防衛フィルムを思い出す人が続出した。

雑草生い茂る場所で頭を抱えうずくまる老人たち

2017年8月7日付のBBC日本語電子版は、70年以上前の第2次世界大戦時以来、日本沿岸各地でミサイル攻撃に備えた避難訓練が行われている、と報じ、その訓練の様子を動画でレポートした。山形県酒田市で17年6月9日に行われたもので、まず空襲警報のようなサイレンが鳴り、

「ミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難してください」

というアナウンスが流れると子供たちは逃げ回り校舎内に入って行く姿が映った。そして、雑草が茂った場所で頭を抱えてうずくまる数人の老人の姿、腹ばいに寝て頭を抱える人の姿、壁の後ろに心配そうに隠れ様子をうかがっている老人の姿があった。訓練後インタビューでは、

「落ちたら何もならないんですけど、まず、どういうものかなぁ、と思って来ました」
「窪地の中に隠れる、ブロック塀に避難するということで、果たしてミサイルが飛んできたときに、効果があるのかどうかと思う」

と参加した住民は語っていた。

各地で行われているこうしたミサイル攻撃に備えた避難訓練についてネット上では、避難の仕方が前時代的すぎる、諸外国ではシェルターを用意している、などといった指摘が出るとともに、北朝鮮のミサイル発射実験で住民が右往左往させられる姿を晒すのはみっともないという怒りが噴出しているため、

「あーあーあーBBCが、あの馬鹿馬鹿しい避難訓練の様子を動画付きでレポートしちゃったよ。完全に国際社会の笑い者」

などといったことがツイッターに書き込まれ大騒ぎになった。BBCの公式ツイッターには、このニュースを見たという外国人が、

「すべての国はこれらの訓練の無益さを知っているだろうと思います」
「キューバ ・ ミサイル危機における小学校のドリルを思い出させる。私たちの世代は、政府は無能だということを実感しました」


こうした避難訓練がなんの狙いで全国的に行われているのか。安倍政権は憲法9条を改悪したいがために、こんな北朝鮮のミサイル発射実験を利用して国民に不安を煽り、将来、憲法改悪の発議を行い、国民投票となった時に北朝鮮は危険で、対処するためには戦争放棄の憲法9条を廃棄させなくてはならないという世論形成を行っているのである。トランプ政権は北朝鮮がICBMを開発し、アメリカまで着弾できる性能を確保してきたと判断し、先制攻撃も辞さないなどとの発言をしてきた。冷静に考えれば、北朝鮮が独裁国家であろうと、非民主的国家であろうと、他国が干渉すべきことではない。アフガニスタン・イラク、アメリカが軍事的介入によって何が遺されたのだろうか、ISなどの無法者の巣くう破壊と混乱しか生み出してはいないではないか。アメリカに尻尾を振って、集団的自衛権の行使を行えば、北朝鮮から攻撃されるのは当然である。であるならば、アメリカの軍事行動に巻き込まれないために、安保条約を見直し真の独立国家として歩む道を取らなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松代城の三日月掘・松本城南... | トップ | 麻績新城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。