山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

北条城③

2016-09-15 15:58:49 | 山城ー越後
二の丸へ


第七虎口、空堀と組み合わせています。この周囲にも曲輪はあるのですが薮です。

第八虎口、縄張り図は段差を表さずに平面的に描いていますが、曲輪は虎口をもって段差が設けられ高い位置にあるほど重要度が増してくると思われます。

第九虎口、ここは土塁が全面に出て、空堀と土橋で守っています。この虎口は他の虎口より堅固です。

いよいよ二の丸手前まで登ってきました。この威容は敵に対して十分な構えであることが分かります。

内側から空堀内に立って振り返って見ています。

案内板では桝方虎口とありますが、桝方には見えません。

二の丸虎口

桝方と称する方向を見下ろしています。

曲輪が薮で覆われていて、二の丸・本丸も同様かと思っていましたが、豈諮らんや素晴らしく整備されていました。

二の丸は奥に一段高く、さらに奥にもう一段高く曲輪を構築しています。身分の高さによって奥の郭が利用されているようです。

二の丸南下曲輪から斜め虎口を見ています。

敵の直進を防ぐため斜め虎口としたと説明されています。ここまできて直進を防ぐという説は納得できかねません。

二の丸の奥の一段高い曲輪、姫か奥方の建物があったのでしょうか。

二の丸南下曲輪を見下ろしています。

さあ、二の丸との大空堀の先に本丸虎口が待ち受けていますが次回とします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北条城② | トップ | 北条城④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。