山城めぐり(兄弟ブログ biglob)

新潟、山梨、長野、群馬、栃木、埼玉県などの埋もれた城跡を探索しております。カテゴリ「城郭一覧」で簡単にアクセス。
 

虚空蔵山城

2017-08-05 21:09:33 | 山城ー信州
長野県麻績村にある虚空蔵山城(麻績古城)と奥の山にある麻績新城に登ってきました。麻績新城は初めてのトライです。

虚空蔵山城地図

国道403号線の信号本町から地方道12号線で西に進み、バス停亀やを過ぎてすぐに村道を右折します・法善寺を目指し、この寺の右手から「信濃観月苑」に向かい、最初の駐車場に停めさせてもらい(許可を得たほうが良いです。)観月苑の奥の建物から登り口があります。

麻績図書館から見た虚空蔵山城が中央、奥に見える山が麻績新城

法善寺

寺の右手の道から信濃観月苑へ

観月苑

苑内奥の道から登ります。

観音堂

岩山で、この間を抜けてゆきます。

尾根に着いて南曲輪(仮に)

南先端の岩、物見でしょう。

40mの尾根ここも曲輪内

大きな堀切が北に待ち構えています。

次回 虚空蔵山城②

麻績古城について
戦国時代麻績の地を支配したのは服部清信であった。麻績城の南西の麻績古城(虚空蔵山城)に居を構えていたが、守りを強化するために麻績城を築いた。
しかし、天文22年(1553年)甲斐の武田晴信が筑摩郡に侵入し、青柳城の青柳清長を従えて服部氏を追い払い、青柳氏が麻績氏を名乗り、麻績城には青柳氏が移った。
天正10年(1582年)、武田氏滅亡により織田信長麾下の木曾義昌の所領となるが、本能寺の変で織田氏の軍勢が信濃から撤退すると(天正壬午の乱)、上杉景勝は旧服部氏の麻績左兵衛清正を入城させた。しかし信濃府中を回復した小笠原貞慶との争奪の地となり、最終的には小笠原氏の支配地となった。ウィキペディアより
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政治を読む

2017-08-05 20:40:11 | 日記
内閣改造によって自民党支持率が44%に上昇したそうである。総理・安倍、副総理・麻生、官房長官・菅

この体制で何に不支持から指示に廻った国民の人は期待したのだろうか。野田総務相大臣が何ができるだろうか、何もできはしない。安倍晋三君に批判的言動をとれば、お友達でないから政権内で孤立させられるのが目に見えている。
支持率が29%に落ち込んだときに、憲法改悪の成立時期を20年と決めるのは、時期尚早であるとの意見が自民党内から出てきた。このままこの支持率で強行すれば、選挙に勝てないという恐怖感が出てきたためである。しかし、安倍が会見の冒頭、数十秒頭を下げただけで、反省をしているなどと、見るのは愚かである。反省は加計学園の認可取り消し。籠池学園の土地価格、値引きをさせた、黒幕を国会の前にさらす事、裁判所が逮捕状を出した、安倍のお友達レイプ容疑のジャーナリストを逮捕執行させること、これらを実行して初めて反省がなされるのである。44%の支持率によって安倍は高笑いをしているであろう。そして国会議員三分の二の数によって、自衛隊を憲法九条に押し込んでくるでしょう。目先の改造によって、すぐに騙されてしまうことであるから、また安倍は強硬な国会運営を続けるでしょう。・・・嘆かわしい。

支持率44%の結果が
安倍首相は5日、読売テレビの番組に出演し、2019年10月の消費税率10%への引き上げについて、「予定通り行っていく考えだ」と述べた。
当初15年10月の予定だった10%引き上げは、首相が景気失速への懸念から2度延期している。内閣支持率の下落で与党内からもアベノミクスへの批判が出ており、財政再建に取り組む姿勢を強調した。今後の経済運営については「企業に働きかけて賃上げし、デフレからの脱却を目指したい」と述べた。
憲法改正を巡っては「野党を含めできるだけ多くの多数派を形成する努力は重ねなければならない。みんなで納得しないと国民投票で過半数を得るのは難しい」と語り、国会発議には幅広い合意が必要との認識を示した。


消費税が国民に負担を強いて、まして消費が落ち込むであろうから、デフレの脱却など夢の話である。アベノミクスを御用新聞や御用経済学者など国民生活など顧みず、嘘八百を並べて称賛する。アベノミクスは国民の年金を流用して株を買い占めて、株価上昇を図っているに過ぎない、実体のない景気など、必ず破たんする。そして年金もこのままでは破たんする。御用学者や、ごますりコメンテーターの言動に騙されてはいけない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加