nrtのブログ

PCXで楽しむブログ(旧、AndroidとSKKを活用したブログ)

新型PCXインプレ

2014-08-15 21:58:44 | 日記
乗っているだけで楽しくなる、新型PCXに乗り始めて一ヶ月が過ぎたところで、レビューを書きたいと思います。



【デザイン】原付ばなれした見た目で、次の二つのことに貢献しています。ひとつは満足度。いくら眺めても見飽きない、惚れ惚れするデザインです。もう一つは、前の車が急にどくような、ある種の威圧感を放つことで、他の車から無理な追い越しなど、危険な扱いを受ける頻度が少ないことを実感できることです。

【エンジン性能】毎朝のことですが、エンジンの掛け始めに坂を登ると、グリップをひねっても自然にパワーが出ず、しばらく耕運機なみに遅いです。(勾配が緩んだ途端、急にスピードが上がって焦りますが。。)この点以外、通常、不満に思うことはありません。

【走行性能】あくまで原付のフィーリングですが、少しぐらいの無理も効く、なめらかで安定した走りです。ブレーキの効きにも安心感があります。適度な車重で多少の風圧にも負けません。LEDライトの明るさには大きな期待はしない方がよいでしょう。スイッチ類は、操作性はまだしっくり来ませんが、ハザードランプは気分的に(?)大変重宝しています。

【乗り心地】座面いっぱいに腰掛ければ、長時間の運転でも、驚く程お尻が痛くなりません。ヘルメット越しの風圧が強い時や路面の状況が悪い時は、あごを引いて、どっしり座っていれば、首や腰へのダメージは少ないようです。

【取り回し】購入前はちょっと車体が大き過ぎないか心配でしたが、自宅や駐輪場でそれ程困ったことはありません。慣れてくると、力の掛け具合というか、抜き具合が分かって、軽く感じて来ます。そのせいか、停車中やUターン時にも、転ぶ不安はほとんどありません。

【燃費】リッター50km以上の燃費は驚異的です。かつてないガソリン価格の高騰により、車を運転している時の『お金を燃やしながら走っている』ような強迫観念からスッキリ解放されました。また、燃料タンクが8リッターと大きく、かなり走っても、まだ燃料切れしないという安心感があります。

【価格】微妙です。コストパフォーマンスに優れたバイクと思う一方で、たかが原付に何十万も、という思いも。。でも、やっぱりPCXが好きだし、まるでペットを飼うような感覚も芽生えてきて、それ以上の価値があると納得してます。

【総評】もともと駅までの通勤に使う目的の『30km/h制限と二段階右折の無い、二人乗りのできる原付』として捉えていた原付二種でしたが、ホンダPCX 125は、はるかに実りの多い素晴らしいバイクです。通勤だけでなく、少し離れた買い物やちょっとしたツーリングも十分楽しめます。二人乗りについては、まだ二輪免許取得から一年が経っていないため未経験ですが、来年以降、真価を発揮してくれることを期待しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐野へ、雨のプチツーリング | トップ | 子供と一緒にハムフェア 2014 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL