~そのまんまで いいよ & ゆっくりしいや~

だありんはNOW回復中!の若年性アルツハイマー病。失行 失認識 失語からの復活どこまで行けるかやってみなけりゃわからない

これは泣いてもいいだろう

2016年11月01日 | 若年性アルツハイマー病



おんがくは くうきのなかにきえていく
わたしたちは どこへいくんだろう

今回はさすがにもうだめだと思った
ホスピスの病棟
お部屋を訪問して TRICK or MUSIC!
リクエストにお答えするためにピックアップした曲

夕焼け小焼け
紅葉
どんぐりころころ
ゆりかご
七つの子
里の秋
村まつり

「お好きな一曲 ご一緒にうたいましょう」

事前の練習でどうしても歌えなかっただありん
ひらがな よめない
漢字 わからない
音程 とれない
リズム 混乱

まさかこんなに 失語・失歌が進んでるなんて!

ずっと 学校現場にいて
どんな曲だって一日あればピアノ弾いて 歌のリードしてた
誰にも真似できない オリジナルな歌唱指導が・・

ショックだよ
ショックなはずだよね

なのに
「練習すればいい」

ピアノ弾きながらチャレンジするだありんの

どんがり・・
どんぐと・・どんぐりこられん・・・
あ・・ちゃう・・
どんぐり・・

ずうっと ずうっと続いてる

さすがに かくれて泣いた
もういい
そこまでしなくてもいいよ

そして10月31日
ハロウィンの朝

「ごめん できるようにしかできひん けど精一杯喜んでもらえるようにしよう」

ベッドから起き上がれない方も
車いすに座って待っててくださる方も
オーボエとピアノのVillanesca
オーボエとベルの「虫の声」
廊下に響く音楽がお部屋にくるのを待ち焦がれて
お部屋でのベル体験に みなさん頬を上気させて

ムジカの吹くリコーダーに合わせて
「さん、はい・・・どうぞ!」
歌うだありん
はっきりと わかりやすい声
うたえるんだ!!
ときどき カミカミするけど
目の前に聴いて下さる人がいる
だありんの教師スイッチがはいる
聴いて下さる方の笑顔がある
だありんのこころの扉がひらく

これは
これは
泣いてもいいだろう

リコーダー吹きふき 廊下をあるきながら
そっとひとつぶ なみだ

本気で
もうやめようと思った出張演奏
やめちゃダメだね
やってみなきゃ なにがおこるかわからない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泣いてもいいんでない?その2 | トップ | 書いとく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

若年性アルツハイマー病」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。