田舎暮らしの作品集

仕事をリタイヤして岡山北部の静かな村で夫と共にステンドグラスを製作しています。

1年ぶりの越前

2017年09月22日 | Weblog
 昨年の10月、ゲストのアイリーと、愛知県在住の母娘と行って以来の越前です。台風の抜けた次の日(19日)、『被害があったらキャンセルするか』ビクビクしながら当日を迎えまた。
風も雨もさほどひどくなく、朝から晴天。被害にあわれて大変な方々に「ごめんなさいね」と詫びながら、いざ出発。9時過ぎに出て、3時過ぎ到着。昼食をとったくらいでどこもよらずにこの時間、やっぱり遠いわ!!
 今回は予約がとれたのが本館だったんだけどキャンセルが出たらしくドーム型の別邸へ

          

 ここは利用を始めた20年位前には既にありました。他の別邸に比べると狭いですが、快適です。

 ローケーションが良く、そのロケーションを見ながら入る露天風呂が私のお気に入りです。

       

波も荒くなく、ここも大した被害はなかったようです。

帰りは、湯村温泉で1泊しました。ここに立ち寄ったのは10年ぶりくらいになりますね。
ここ湯村温泉には子供たちが小さい頃、3年間ほど毎年年末に行っていたんです。
その時の宿泊施設は共済会館。そこの前が今回泊まった【井筒屋】 いつも部屋から大きな門松が飾られ、一度泊まってみたかった旅館に今回やっと何十年ぶりかで実現しました。

   

私の井筒屋旅館の感想は、今まで泊まった旅館で一番スタッフ教育が行き届いているなーと思いました。敬老月間だったのかリーズナブルなお値段で料理もよかったし・・・

 帰りは、地道で、鳥取県 八頭周りで今人気の大江の里によってきました。

              

 たまご屋さんで、ケーキ、パンその他色々なお店があり、卵料理のバイキングランチがあり豊富なメニューがそろっていましたよ。朝食も豊富なバイキング料理を食べ、お腹があまり空いていなかったのが残念。友人がここに行こうと言っていたので、女子会で近々来ることになるでしょう。


 今回は残念なお知らせを受けた後の旅になったんです。
お二人とも闘病生活をされてはいたんですがでも・・・どちらも癌。
一人は夫の大学時代の友人、もう一人は、東北にボランティアに一緒に行った仲間で自然がとても大好きで動物からその人のところにやってくる様な人でした。
 今年は姉の突然死から始まり、いろんな方を見送る年になりました。
 私もエンディングノートを書き始めなくてはと思いつつ今に至ってますが、今年中には実行に移したいと思います。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

静かな尾瀬の小道!!

2017年09月08日 | Weblog
だいぶ昔にツアーで尾瀬の湖畔を歩いたことがあったんだけど、8月26日から30日まで車で岡山から尾瀬まで800k行って来ました。行きは道の駅で車中泊、帰りは諏訪湖周辺の温泉で1泊しました。

 

          

  登山口近くでこのチョウたちがお出迎え

   

冬を越すために移動中だったんでしょうか?

アサギマダラもヒョウモンモドキのようには手の汗を吸いに来るとは知りませんでした。余程水分が欲しかったんですかね。

           

吸われているところが冷たくなり、小さな水滴になり水分が吸われてるのが分かるんですよ。とっても微妙な感じでした。

3時間ほど歩き、尾瀬湖畔に到着。

      

 湖に映る燧岳(ひうちだけ)。グッドタイミングだったんです。湖畔道へ出ると逆さ燧岳は消えていました。

 しばらく歩いて今日泊まる長堂小屋

         

 大きなきれいな小屋です。屋根が木の皮でふいてあるんです。すごーーい。

              

 次の日小屋を6時半に出発して燧岳を超えて、東電小屋を目指しました。結構きつかったです。下りが・・・
行く前から口コミ情報でぬかるんだ道だと知ってはいたんですが、その道が果てしなく続き、最悪でした。でも、天気が良くてまし。雨だったらもう私は引き返していたでしょう。
やっと東電小屋に到着。

        

 尾瀬は花もさほどなくオフシーズン。研修生が30人ほどやってきましたが、その人たちがいなかったら私ら含めて10人足らず。静かな尾瀬!です。

 次の日は、夫は5時位に至仏岳に向けて出発。私は、至仏岳を見ながらのんびり尾瀬ケ原の木道を通り、鳩待峠へ。

          

 そこで私は、2時間待ち。そして夫と合流し、バスで、車を止めているところまで移動です。

そこから今日の宿の諏訪湖まで移動。

 天然かけ流しの温泉 宿もとっても良かったです。

      



この戸、湾曲に作ったんではなく、大きな木をそのまま利用して作ったものでひずみがないということでした。部屋の建具も素敵な模様で昔の技術の素晴らしさに感心しました。

 4日間、雨も降ることなく、無事に夕方には我が家に帰ることができました。
    

 


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

備中松山おどり

2017年08月17日 | Weblog
 
 お盆の最終日友人の車で備中松山の盆踊りに行って来ました。

          

 行く途中すごい豪雨。ワイパーを全開にしても白くかすんで前は見えず、最近、よく報道されてるやつかとビビりましたです。少しの間だけで今の出来事が嘘みたい、松山付近は全く降ってません。
よかったです。友人夫婦は盆踊りが大好きで毎年参加していて、今年は3日間あるうち、初日と昨日(最終)の2回踊りに来てます。初日は大雨の中すべてびしょぬれになって踊っていたそうですわ。

若者たちも多く、2重・3重の長い輪の中、私らも22時半ごろまで踊ってました。まだ涼しくてよかったです。

もうすぐ80歳になる友人(旦那さん)が運転してくれたんですが、めっちゃスピードを出す人で、普通に120kで走り、追い越しをかける時など130k超えててやばかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆休みの大移動

2017年08月15日 | Weblog
 私達&息子家族総勢11人で8月11日から14日の3泊4日 沖縄旅行を楽しんできました。
 
 私たちはお盆に移動はしたことがなく、渋滞知らずで少々不安でしたが全然静かなもんでした。

 3家族が現地集合現地解散。色々なハプニングから始まりはじまりー
まずは、私。家の野菜をたくさん準備し、現地に切るものがなければと思い、包丁を何と無しに入れました。私らはlccのピーチで。まして手荷物(あほでしょ)没収。

 那覇について、レンタカーを借りることになってはいたんですが、誰が・・・
前日から着ていた次男家族からのメールによると「うーん?もしかして私らが借りるー?」
そうこうしているうちに東京からの長男家族と合流。めでたしめでたし、レンターカーが空港に迎えに来てくれ、那覇で待っている次男家族のもとへ、3家族合流することができました。

沖縄そば屋に立ち寄り16時位に宜野座の宿スナドゥンに到着。赤瓦の一軒家。中はログ風
台所には家庭用の3口コンロに大きな冷蔵庫。洗濯機に乾燥機、洗剤まで完備。

夜にはオーナー家族がカニや大きなヤドカリがいる近くの海岸に案内してくれました。
    
      

               

そばで触れない小4と小2が・・・

 次の日は近くにあるカナンビーチに海水浴。そこは、クラゲよけのネットがはってあり、安心して遊ぶことができ、人が少なく、屋根付きのベンチもあり、まさしくプライベートビーチ。また、監視員もなぜかたくさん暇そう(?)に見守ってくれてました。

     

                 

 子ども達がお昼寝中に大人たちは近くのスィーツ店に繰り出しました。
私は金時豆に山盛りのミルク氷が上に載ってるぜんざい、マンゴーがいっぱのったマンゴーかき氷を食べた人も、どれも山盛りでお腹なパンクしそう。でも、めっちゃ安いのにはびっくりです。夜にはバーベキューをしたんですが、おやつに食べたかき氷がまだお腹に残っていて終わり頃に肉を少しだけしか食べれませんでした。

 翌日には、美ら海水族館へ

           

  

          

            
               

 ジンベイザメの泳ぐ大きな水槽の掃除も大変なお仕事そうです。
正直なところ、最後は疲れ、感激も少なく、早く座れるところに行きたーい。イルカショーの席取り役に加わり、イルカの気持ちよさそうに泳ぐのを眺めて休憩。

イルカが指示に従い尻尾をバシャバシャとして子供たちに水をかけるショーがあり、孫4人がそれに参加するため席を立つと、1歳の孫も私も行くわとばかり席を立ち後を追って行きました。
慌ててパパが・・・

 オーナーさんからメールがあり、雨が降ってるから洗濯物を入れておいたと、感謝です。

 遊んでいると早いもので最終日。チェックアウト後、近くにあるマンゴー園でマンゴーを買い、いっぱいおまけのマンゴーをもらい、カナンビーチに行き、宿カニや貝殻を集めてゆったりと過ごしました。

 京都に買える息子家族を空港まで送り、守礼門に行って来ました。





沖縄には何度も来てるんですが、離島が多く、本島は3度目位。守礼門は始めてです。

その後、私達はレンターカーを返し、私らは空港まで送ってもらい、長男家族は国際通りへ。

 21時30分に関空につき、そこからがまた大変。LCCは第2ターミナル発着で、高速船のシャトルバスは第1ターミナルから。ましてや22時の後は、24時までなし。
第2ターミナルのシャトルバス亭までダッシュ。何とか乗れ出発。でもそのバスは空港の前のホテルで停車。その時刻21時45分。高速船乗り場行きバスは21時50分。それを逃すと2時間待ち。
急げ~~~~とにかく走った走った。心臓が飛び出しそうでしたが何とかギリギリセーフ。

長男家族もようにたことがあったようですヨ。

とにかく、みんないい思い出の残った旅には違いなかったことでしょう。

今日の岡山は雨、畑へ行くとこんなに私らの帰りを待っていた野菜たちでした。

     

 




  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのすがすがしさが・・・

2017年07月26日 | Weblog
 
 今日はとってもすがすがしく気持ちのいい日です。
朝、夫の散髪を終え田んぼの方から何か音がするので見てみるとなんとこれ

        

     

 友人の息子さんが東京から戻り、広大な量の田んぼを引き受ける会社を設立し、その一役をになっているのがこれドローン。若者が百姓をする姿はいいものですよ。さすが、近代兵器を使っての作業。今までの何十分の1(1反2分足らず)で消毒ができるそうです。

 先日我が家のササ百合を見に来られたお寺のkさんからヤマユリが咲いたのでどうぞと連絡があり、見せてもらってきました。

           

         

 まだこれから咲こうとしているのもたくさんありました。大きさはカサブランカくらいで、1本に12・3この花をつけいい香りを放っていました。以前はもっといっぱいあったんだけどイノシシが掘り返して少なくなってしまったとのこと。でもこれが、園芸種ではなく昔から山にあった自然の物ですって。

もう少しするとカノコ百合が咲くそうなので、楽しみにしています。

 22日には、ℬ,zのコンサートも無事終わり、稲葉さんの実家ではファーンの方へのお母さんのおもてなしも大変喜ばれたそうで、夕方コンサート中に家の前を通ると大きな駐車場までできていました。

        

 コンサートの終盤には会場のドアーを開け、チケットを手に入れられなかった外で待機中の人にも聞こえるように図らわれたということです。

     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津山が大変ですよ(?)

2017年07月14日 | Weblog

 ℬ′zが津山についに今月22日にやってくるんです。

   

 ひっそりした津山駅

   

 大成功を期待してます。       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も咲きました

2017年06月24日 | Weblog
 今年も見事に咲きました。

          

 とてもいい香りがします。
それにこれも

       

今までにもあちらこちらに一本ずつ。ところが今年は裏庭に植えたように1メートル位にわたり咲きそれが2か所、咲き乱れています。

もうすぐ、アジサイも咲きだします。今年は野菜が天気が続いたにもかかわらず植えた時期が良かったのか良く育っています。      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行 5日目

2017年06月23日 | Weblog
 いよいよハロン湾クルーズ。
ハロンとは「龍が降りる地」という意味。静かな海面から2,000もの奇岩がそそり立つ風光明媚な景観は幻想的で、奇岩の間を縫うようにめぐるクルーズの出発です。

宿泊したホテルの最上階からハロン湾を眺めると、海岸沿いはすべて工事中といったところでしょうか。2年後には、今いるホテルからは恐らく海は見えなくなるんでしょうね。

           

  ハロン湾クルーズ

         

             

 途中、下船して鍾乳洞へ。日本の鍾乳洞と違い蒸し暑いです。 

        

ここは、サルの跡をつけていくと見つかったんだそうですよ。
 
              

そこから日が中に差し込んだらこんなかんじになるんだそうです。添乗員さんのスマホを撮影してみました。

 瀬戸内海は比ではない壮大な景観なんですが、海に浮いているゴミが気になりました。今後きれいになるのか、もっとひどくなるのか・・・??

 最後の見学は水上人形劇鑑賞

          

すだれからでた竹竿で色々な人形を操るのはわかるんですが、例えば鳥の首が伸びたりちじんだり、また猫が木に登ったりするんだけどどうしてるのか??

 今回のツアーは14人、ちょうど和気あいあいとできる人数でとても楽しかったです。
添乗員は日本からはつかず、3人のうち2人は30代の現地添乗員。とてもしっかりしていて感じのいい男性添乗員さんでした。ハノイの添乗員さんは日本の大学生に留学経験者。自分の感じたベトナムと日本の違いを6つをまとめ上げ意見を言ってました。なるほどなーと思うところいっぱいあり、聞き入っていました。
 ベトナム人は日本人と同じく器用で、若者、子供が沢山いるので発展することまちがいなしでしょう。それにかかわる問題はでてくるでしょうけど。

 ハノイを0時15分真夜中発で時差マイナス2時間、6時40分に関空に到着。関空からホーチミンまで5時間、ハノイから関空まで4時間。

いい旅でした。


今度はどこに行こうかな。若い間に行けるところは行っとかなね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行 4日目

2017年06月23日 | Weblog
 朝食後またまた飛行機で移動。

その途中ダナンのビーチリゾートに寄りました。
ダナンはホーチミン、ハノイに続く国内3番目の大都市で、日本企業が海外での生産拠点の一つとして注目されているんです。

          


 約1,000年の歴史を持つハノイはベトナムの首都。政治・文化の中心である市内には川と湖が点在し、街路樹が多い。また、由緒正しい寺社、フランス統治時代に建てられた洋館や教会
が残り、全体に落ち着いた雰囲気がありました。

ベトナム人は器用で、刺繡、木工、版画、陶磁器などの工芸品がすばらしかったです。

 ハノイに着いた後昼食を食べ市内観光。
ホーチミン廊 1969年に亡くなったホー・チ・ミンさんの遺体が安置されている建物。
2人の警備兵が1時間交代で立っているんだそうです。

そのまえが総理府(国会議事堂)

        

 共産党役員がバスで何か会議を開くのか集まっていました。

       一柱寺

      

 李朝時代に建立された仏教寺院内の楼閣。蓮の花を模して建てられたと言われていて、その名の通り、本堂が一本の柱で支えられています。
ベトナムの国花は蓮だったんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行 3日目

2017年06月21日 | Weblog

前日はホテルの1階の部屋で、私の鼻がいいのかかび臭く、2階に変えてもらい快適な朝を迎えました。朝食後集合時間まで時間があったので、ぜひ行きたかった市場に夫は行かないというので1人で行くことにしました。

       

 地元の人の台所。すごい活気がありました。私は、果物を何か買いたかったんだけどお金が日本円で200円くらいしか持ってなく、買えるものがあるかと思いながら歩いていると、地元の人が何人か買っている出店のおばあちゃんの店『ここや』と狙いをつけ、ランブータンとリュウガンが欲しかったんだけど、2種類はさすが無理だろうと思い、リュウガンを負けてもらって200円分買うことに成功。苦労して買ったせいもありおいしかったよ~~~


その後、世界遺産ミーソン遺跡に行きました。

 チャンパ時代の宗教寺院遺跡跡。2~17世紀にベトナム中南部で外国との交易で栄えた大国で、ミーソンはその中心的聖地。ヒンズー教シヴァ神が祀られている。ベトナム戦争により多くが破壊されたが歴史的価値が高く、1999年世界遺産に登録された。70棟以上もの遺構が草木に埋もれ、元の形を維持しているはこの3~4個。後は、壊れかけ寸前。戦争の悲惨さを思い知る光景です。

            

       

 この遺跡のレンガをよく見てください。
レンガとレンガの間にセメンがなく直接くっついているんです。どうして建てられたんでしょうか?
生のレンガを積み上げ、焼き上げたのではないかと言われているそうです。不思議!!

               

こんな崩れかけの悲惨な遺跡

            
            
恐ろしい戦争の爪痕、色々な国で、今なおかつ起こっている紛争、円満に解決する方法はないのでしょうか???

 この日は満月の夜 ランタン祭り。夕食はホイアン三台名物料理(ホワイトローズ他)を食べる前位から雨。毎日夕立のような雨が1時間ほど降ってはやんでいる。川沿いに並んでいる店の明かりを落とし、古都全体がワンタンで照らされるはずが・・・
雨で漏電すると危ないということでランタンは普段と変わらない。でも、少しだけ催しが行われていました。天気が良ければ、このような催しがいっぱいあるんだろうと想像してました。

           

                 

    灯篭流し

           

 私たちののホテルホイアングリーンヘブンリゾート

         



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行 2日目

2017年06月19日 | Weblog
ホーチミンはとにかくバイク・バイク・バイクそして車、タイのバンコクのラッシュ以上でしょうか。ホテルは空港の近くだった為、8時にホテルを出発して10時発の飛行機でダナンへ。

           

 ホーチミンからダナンまでは1時間20分。昼食後、今回の目的地のホイアン(2泊)へ。
ホイアンは約180年前の街並みが残る旧市街地には、風情ある木造家屋が立ち並んでます。かってはアジアとヨーロッパの交易の中心地として栄え、16~18世紀には日本人街もあったということです。

まずは市内観光

         来遠橋
1593年ホイアンに住む日本人が建造したと言われる屋根付きの橋。

     

         福建会館
    
           

ホイアンの町をシクロ(自転車の前に椅子がある人力車)に乗り町を1周

        
           
              

 その後ホテルに行き、夕食はオプションだったので自分たちで食べに旧市街に出かけました。 
 ベトナムはコーヒーが有名なので食後コーヒーショップに入り飲みました。

            

月に1度の満月の日はランタン祭りそれが明日なんで楽しみです。 

             

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行 1日目

2017年06月13日 | Weblog
6月6日から11日までの6日間 夫婦でベトナムのツアーに行って来ました。
参加者は14名

10時30分関空発でまずホーチミンへ。時差はマイナス2時間 日本時間で15時55分に到着です。通貨はドン 10000ドン=50円
           
着後、ホーチミン市内観光

  ⁂ 戦争証跡博物館

      

         ギロチン台
 
        

  ⁂ サイゴン大教会 

      
  ⁂ 中央郵便局
     
          

  ⁂ サイゴン川ディナークルーズ

             



          

       船でのショー
     

ホテルへ。朝家を4時半に出て日本時間23時位に到着。もう~ねむたいよ~

   

       

          
  
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫の留守に大忙し

2017年05月29日 | Weblog
 おじいさんは山におばあさんは川で・・・じゃなく部屋のリフォームをしたり、注文のステンドパネルを届けに行き、最終日曜日には、友人に誘ってもらい米子の航空自衛隊へブルーインパルスを見に行って来ました。

 夫は大阪で元職場の年に1度の食事会に金曜日から出かけ、夜行バスで四国の石鎚山登山に出かけ、日曜日の夜に帰って来ました。
そして私は上記載したように大忙しでした。

 部屋のリフォームは岡山に移ってからほってあった母屋の2階の屋根裏のような部屋を、息子宅からもらった壁紙を1人ではり、可愛い部屋に変身しました。

      

   


 航空ショーのブルーインパルスの飛行すごかったですよ。私は落ちたり、二アミスしないかドキドキしながら見てました。

      

          

    

              

   背面飛びですよ おそろしい~~

   

 空に最後は♡を描きそこに矢を突き刺すというおしゃれな図を描いてくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲旅

2017年05月16日 | Weblog

 15日から出雲に1泊で行ってきました。私らの住んでるところからだと3時間弱でいけます。

久しぶりの出雲大社でした。たまたま であったお祭り。

  
           
             

 湯の川温泉に1泊しました。日本3大美人の湯の1つですって(群馬県の川中温泉・龍神温泉・出雲の湯の川温泉)

しっとりしていて、とっても気持ちのいいお湯でした。先週の木曜におもいついて予約を入れたんですが、小さな旅館とは言っても平日なのに、たまたま1部屋空いていたと言う状況でした。

帰りには、足立美術館に行って来ました。2回目ですが、庭園日本1位だけあって美しかったです。

         

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読会

2017年04月19日 | Weblog

  今年で私たちが行くのは2回目の柊風の会に行ってきました。

 場所は落合の醍醐の桜の近くの素敵な民家でされます。先日、醍醐の桜のライトアップを見に行きましたがすぐ近くなんです。
 6・7年ぶりに醍醐の桜を見に行きましたが、ライトアップは始めて。闇夜に桜の花が浮かび上がり見事でした。スマホで撮影したんですが、パソコンに取り入れる方法がまだわからずお見せできなくて残念です。

          

    

          

 朗読の合間にピアノと歌が入ったり、フルートとピアノが入ったり、篠笛が入ったりの音響効果が朗読を引き立てていて、素晴らしかったです。

 篠笛を吹かれているのが、私の先生なんです。

 帰りに普門寺と言う花のお寺によってきました。

     

まだ、シャクナゲはチラホラでゴールデンウィークには満開になるでしょう。
そのころには、催しがあるそうなので、孫たちが来たら行こうと話してました。

 今年の津山城の桜も長く見られ、どこもかしこも一時になってはしまいましたがとってもきれいでした。我が家の桜は、毛虫の異常発生のため、初めから葉桜です。

 またまた今年は、カメムシがいつまでも多くいて、夜にはカメムシ退治に追われる状態です。

     やっぱりなんか変ですよ!!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加