四季折々

~感じるままに~

パンジー・ビオラの移植

2016-09-15 16:15:10 | 写真・花

9月2日に種まきをしていたパンジーとビオラを移植しました。
小さな苗を1本1本箸を使って移植する根気のいる作業でした。
あとは日照と水の管理に失敗しないようにすることが大切です。

準備作業(昨日夕方に準備)

育苗培土、セルトレイ(10×20穴のもの)を用意しました。


育苗培土に少しずつ水を加え適度に湿らせました。
こうすることにより、次に散水するときスムースに水を吸います。



セルトレイに培土を入れ軽く押さえ平にし、ジョロで水をかけました。


水をかけると用土が沈みます。沈みすぎたところは丁寧に土を加えます。


移植作業(本日午前に実施)

手前の2つがビオラで、奥側2つがパンジーです。
種まきした頃はまだ気温が高すぎたためか、発芽率が悪くなったようです。
特に、パンジーの虹色スミレは、発芽率が75%以の表示でしたが10%くらいでした。


準備した植え床(セルトレイ)に割り箸を利用し、1株ずつ丁寧に移植しました。
植え床に箸で穴を開け、苗の根そっと入れ、土を軽く寄せます。


セルトレイは作業と管理がしやすいように、移植前に4分割(50穴×4に)しました。


セルトレイには名札を付けておきました。合計170株でした。
(昨年は、ビオラのタネ2袋、パンジーの種1袋で1袋少ないのに190株移植していました。)


日当たりと風通しの良い場所に置き、今日は遮光しておきました。

 

今後の管理は次のとおりです。

① 当面2日間程度は日光に当てない。その後も徐々に光に当てていく。
② 置き場所の状態などから乾きは一律ではないので、状態を見ながら1株ごと水を与える。
③ 活着したころから葉の色を見ながら液肥(300倍)を与える(週1ペースで)。
④ 3週間~1か月後ころ、コンテナや鉢に植えつける。

3年前専門家の方に習ったとおりに進めています。
今年は、種まきの適期の頃の9月2日に種をまき、予定どおり移植しました。
順調に育てば、正月ころには咲き始めるものと思われます。

ただ、発芽以降に曇り空続きで日照不足だったため、状態の悪い苗になってしまいました。
ひょろひょろと長く伸びた苗を深く移植したので、上手く活着しないものが出るかも分かりません。


今後の水や液肥は、こんな小さな水差しで1株ごとに与えます。
注ぎ口はストローを利用し先につま楊枝を数本つっこみ、水が出過ぎないようにしました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワタがなっていました。 | トップ | ランタナに似ている花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事