四季折々

~感じるままに~

茅の輪(ちのわ)くぐり

2017-06-30 17:50:25 | 日記・エッセイ・コラム

今日は6月30日、早いもので、今年も半年が過ぎ去ろうとしています。
この節目に空鞘稲生神社にお参りしてきました。
茅の輪をくぐって、残り半年の無病息災を祈願しました。

     
中区本川町3丁目(旧空鞘町)にある空鞘稲生神社です。
私の出生地はこのすぐ近くで、私の名はここの神主さんに付けて
いただいたそうです。

     
茅の輪(ちのわ)は、名のとおり茅(かや)で組まれています。
茅の輪くぐりは、各地の神社で行われる「夏越祭(なごしさい)」の神事です。
正月から半年間のケガレを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があるそうです。

     
くぐり方の説明がしてありました。

「茅の輪くぐり」は、日本神話に由来があるそうです。
  須佐之男命(すさのおのみこと)が旅の途中に宿をもとめ、
  貧しいながらも手厚くもてなしてくれた蘇民将来(そみんしょうらい)という人に、
  「病が流行った時には茅で輪を作り、腰につけて難を逃れよ」と教えたそうです。
  その後、病が流行った時に教えを守ったことで、蘇民将来とその家族は難を逃れたそうです。
  昔は茅の輪を腰に下げていましたが、江戸時代の初期ごろに大きな輪になり、
  そこをくぐることで無病息災を願い、ケガレを祓うという神事になった。
というのが由来だそうです。 (豆知識PRESより) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姿を見せ始めたウグイス | トップ | 歴史講演会受講 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。