四季折々

~感じるままに~

浜木綿

2017-07-06 16:30:36 | 写真・花

♪  岬の風に ないて散る 浜木綿かなし 恋の花・・・ ♪
今年もハマユウ(浜木綿)が咲き始めていました。
浜も岬も海も見えない安佐北区の畑の一角で。

     

     

     
もうこの地で何年も咲いているようで、大きな株です。
4~5株がひとかたまりとなっているようで、大きなつぼみも見えました。

ハマユウ(浜木綿)は、ヒガンバナ科の多年草だそうです。
ハマオモト(浜万年青)とも呼ばれているそうです。
浜に咲く、オモト(万年青)に似た立派な葉に見立てた名のようです。

原産地はインド、東南アジアなどの熱帯地方などとか。
種が漂着し、日本や韓国済州島の海岸線に自生するようになったのだそうです。

日本の平均気温15℃の地域を結んだラインをハマオモト線と呼び、
このラインより南の海岸線に自生しており、北限は房総・三浦半島だそうです。内陸部でも育つそうです。

冒頭の「♪ 岬の・・・」は、「南国情話」という鹿児島のご当地ソングだそうです。
50数年前訪れたとき、バスガイドさんから教わった歌ですが、今も脳裏に残っています。
こんな歌です。 → https://www.youtube.com/watch?v=AWFN1FrA0xc

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やんちゃ坊主 | トップ | グロリオサ・スペルバ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハマユウ (happy)
2017-07-07 22:22:25
浜辺ではこの季節良く見かけますよね。

「南国情話」まだ聞いたことがないかも?
でも、鹿児島 開聞岳の映像はなつかしいです。
5~6年前頃登り、大変きつかった思い出。
蘇りました。

happyさんへ (ひら)
2017-07-08 21:34:22
コメントありがとうございます。
開聞岳は美しいですが登るのはきついでしょうね。
特にもう少しというところからが急そうですね。
「南国情話」は、有名な作詞家(石本美由起)と作曲家(「島育ち」をつくった人)が作った歌で、
なかなかいい歌だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。