四季折々

~感じるままに~

オニユリ

2017-07-13 16:33:43 | 写真・花

オニユリ(鬼百合)が咲いていました。
うっそうとした草木の中からのぞいており、一瞬ドキッとしました。
さすが名のとおり、他には見られない模様や色合いでした。

     

オニユリ(鬼百合)の名の由来は、色や形が「赤鬼」を連想させるところからとか。

ユリ科ユリ属の多年草で、原産地は中国だそうです。
かつては鱗茎(リンケイ=百合根)を食用にするため栽培していたそうです。

葉の付け根にはむかごと呼ばれる小さな球根のようなものができ、地面に落ちると根を伸ばして新たな株となるそうです。
長いシベが見えますが、種はできないそうです。

日本には珠芽(むかご)をつけるユリは、オニユリしかないそうです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7.12カープ観戦 | トップ | 「ひまわりの日」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。