四季折々

~感じるままに~

アーティチョーク

2017-06-19 09:20:31 | 写真・花

巨大なアザミが咲いていました。
アーティチョーク(和名:チョウセンアザミ)という花です。
元々野生の大アザミを野菜として改良したものだそうです。

     

     
花の直径は10センチくらいにみえました。
萼の部分を含め全体の大きさは、ソフトボールよりやや小さいくらいでした。

     

     
畑の端に2本植えられていたようですが、1本は重みのせいか倒れていました。
草丈は1.5mくらいで、根元の方は大きなギザギザの葉がついていました。

ヨーロッパでは、野菜として普通に売られているそうです。
つぼみを塩ゆでして食べるのが一般的で、ガクの肉厚な部分がソラマメに似た風味だそうです。

アーティチョーク(Artichoke)は、アラビア語で「巨大なアザミ」という意味だそうです。
和名は、チョウセンアザミですが、原産地は地中海沿岸だそうです。

日本には江戸時代にオランダ経由では入ってきたそうです。

当時の日本では朝鮮は外国を表す意味合いがあり、チョウセンアザミとなったそうです。
日本では、江戸時代中期に栽培された記録があるが、広まらなかったとのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハルシャギク | トップ | 美女柳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真・花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。