四季折々

~感じるままに~

蓮の花

2017-07-11 17:05:06 | 写真・花

ハス(蓮)の花が咲いていました。
開いて3日目のようでした。きれいでした。
今日が2日目で、開き始めていると思える花やつぼみもありました。次から次に咲くようです。

     
6:05頃見たときこんな状態でした。3日目と思われました。花が向いている方向から日が差し始めていました。

     
周辺を一回りして、6:45頃通りかかるとこんなに大きく開いていました。

     
この時、大きな葉の下でもう一輪開きかけている花があるのに気づきました。これは2日目と思われました。


     
こんな葉の下です。葉の間から少し日が差し込んでいました。

     

     
こんな畑です。つぼみも2輪ほど見えました。

花托(カタク)は見当たらなかったので、この畑で今年咲いたのはこの花が初めてのようでした。

ハスの花の命は短くて、わずか4日間だそうです。
次のような経過をたどるようです。
(「古代蓮の里」ホームページ → https://www.ikiiki-zaidan.or.jp/kodaihasu/  → 左サイドの「蓮について」をクリック

1日目・・開花初日は、午前6時頃から花弁が開きはじめ、わずか3~4cmほど開いたのち、
     8時頃には閉じはじめつぼみの状態にもどる。
2日目・・早朝より咲きはじめ、午前7~9時頃には満開に。
     花はもっとも美しいときを迎え、やさしい香りがただよう。
     そしてまた、夕方つぼみの状態に戻る。
3日目・・2日目と同じ経過をたどり最大に開く。受粉しためしべは黒っぽく変化し、
     花の色が光退色する。昼頃には閉じはじめるが、閉じかけたまま夜をむかえる。
4日目・・7時頃には完全に開く。
     早いものでは8時頃から散りはじめ、昼にはすべての花弁が散ってしまう。

それにしても、短い命ですね。
ただ、ハスの花は散って終わりではなく、食用のレンコンを育み、次の年にも命をしっかりとつなぎます。
実も食用になり、生でも食べられ、おこわなどにすると美味だそうです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 比治山ウォーキング | トップ | 7.12カープ観戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。