心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築は難解されど何時かは└(^へ^)┘

奥行 Ⅱ

2016-10-18 18:28:54 | 日記

奥行(立体)の出そうなスピーカーは過去に幾つも使用した経験がある。
KEF、LS35、Harbeth、Spendor殆んどは英国製だが今手元には無い。
英国の音とやらに憧れたが案外極普通の箱鳴りスピーカーに感じた。

今のBANDORは奥行再現力が秀でてるが更に使用中の右ユニットは別格!
元々色気はあるが不必要な音は出ず繊細で芯があり此れ以上ないほどの
細やかさに奥ゆかしさ今まで聞いた数々のスピーカーでも最高な奥行感。

しかし残念な事に左ユニットは元気はあるが右のような表現力に及ばない。
ステレオの場合左右の音も個々に発声されてるから一聴すると分かり難いが
やはり違う細やかさは同じでも奥行も浅いし音も強めしなやかさも及ばない。
小さな会社で手作りらしいので仕方がないが最良な物を聞けば何とかしたい。


この前凹ましたからこの際いろいろ小細工して何とか合わせる努力をした。
まず表面を少し削りゴムエッジも少し穴を開けてみたが大して変化はない。
センターキャップにもカッターを入れみると多少は良くなるが音がまだ強い。
やりたくないが禁断の磁石叩き金鎚で数回音は引っ込んだきた。
そこそこ会いだしたが人工的方法では限界もあるが次はどうしようか?


つづく


                         
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥行 Ⅰ | トップ | 奥行 Ⅲ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む