心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築は難解・小部屋でコソコソ自己満足

解決?

2017-05-15 10:32:39 | 日記

最終的にアンプ製作者に303を送ったら特段の不具合が無いとの事
高速回転や読み込み不良の原因が何処だか特定されず気持ち悪い。
いずれ同じような症状が出るのは目に見えてる予備を購入したいが・・・


返送されてきたので念を入れ修理人の所で再生してみると無事動く
修理人には何日も手間を取らせたので要らないと言ったが千円渡したきた。
今回は外付ボリュームでサーボとレザーの強弱調整をすることにしたので
使い勝手が大幅に向上どちらも一番弱い位置がデジタル臭くなく音も静か。

さて音質は、残念ながら少し変わったケミコンを数か所元に戻したのもあるが
10μ以上ある5㎜足幅フィルムコンはWIMAしかないのでPHILIPSと替えてみた。
以前からWIMAはあまり好きではないが案の定少し濁るキースのピアノがイマイチ
PHILIPSのフィルムはクリアだが小型は4.7μしかないので動作的に使いづらい。
それでも数時間聞いていると好い処もある特にクラシックのオケでは強奏部で
破綻しずらい掠れっぽいが奥行は深いPHILIPSより弦楽奏の再生には向いている。

コンデンサーは追々と試すが20日以上のPHILIPS中毒だったが解消されつつある。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続行中 | トップ | レコードのよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む