心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築は難解されど何時かは└(^へ^)┘

奥行 Ⅲ

2016-10-19 17:15:54 | 日記

スピーカーは過去から殆んど変化がないのに未だ扱いに苦戦。

昨日はユニットで余裕がない程の小さなBOXに内部反射?の軽減
の為補強をしたついでにウールの吸音材を1/3取り除き聞いてみた。
スーケルが上がり低域も勢いが出るがこんな長岡スワンのような
音は要らないぞよ!すぐに元に戻したが反応に凄くダイレクト。

補強の効果は僅かではあるが滲みの低減を感じ更に上下の音位置
E.S.T.には色々な音が入っているが其々の高さの場所がはっきり
と分かる、本来の位置は知るべくもないがまだ改善の余地がある。

三点指示のBandorはプレートはアルミだがフレームは鉄製だ
J.W Module UNITのマグネットカバーは焼物で独特の音がする
ところが同系列のMarkaudioは色付を嫌ったのか樹脂を使ってる
から音に張、活力に乏しい残念な音に成り下がった。

E.J Jordanは画期的なスピーカーを作ったが元奥様も大したもの。





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥行 Ⅱ | トップ | 奥行 Ⅳ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む