心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築は難解されど何時かは└(^へ^)┘

あららっ...

2016-10-12 11:02:42 | 日記


一方のユニット響きが微妙に多いので直そうと分解したらLレンチが
吸い寄せられ「あれ!」パルプコーンなら針で治せるがアルミ系は
裂けたら修正不能だから此のまま我慢するしかないが相当残念な状態。
音の影響はあるだろうが元々からを直したので聞いても分からないが
左右を95%位合わせたので非常に繊細で滑らかに歌う姿は最高に近い。

最近思うに六畳くらいで使える質感の良いスピーカーが本当に少ない
音量を上げればそこそこ鳴るものは幾らでもあるが小音量時では悲惨。
近場でESL57を使っている処に聞きに行くが軽く爽やかでしっとり感は
良いが平面型ゆえ奥行に乏しくオケは無理ピアノも不満でサブの域は出ない。
三次元ステージの再現にオーディオの喜びを感じる者には後面開放も駄目だ。
ESLは若い頃散々使い込んだが当時はJazzばかりで唇の濡れに狂喜していた。

好みはあるがスピーカー選びは本当に難し過ぎる・・・
我々の年代の者は沢山聞いたり使ったりしてきたが皆幾つも抱え込んでいる。
無職の修理人が常々「LE-8Tで充分だよ」と言うがそれで満足できれば幸せ。




ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面白い! | トップ | 鉄板 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む