心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築はひらめき・今日も小部屋でこそこそ!

聴感

2016-10-25 10:39:51 | 日記

シナトラのCDを聞くと思い出すのはDYNACA MKⅢ+SPU-GT+ESLで
仲間に聞かせて「どう唇の濡れ具合」「わあ~びしょびしょだ~」何て自慢
していた時代と比べれば多少はマシになったが果たして此れ本当の音?

スピーカーは弄れば弄るほど変わり音決めには重要な機器の筈が時として
どれが本当か正確なのか伝達が捻じ曲がっていないか分からなくなる。
さらに理論や測定の専門家ですら聴感と一致してない事が常識らしい。
難しいことは分からないがプロでも最終的に聴感頼りという前近代的な
方法で決めているわけだから一般マニアがしてる事と大した変わりがない。

さて乱暴だがオーディオはあやふやな聴感で出来上がっているわけだから
何時まで経っても理想なものが無いのは仕方がないし面白い処でもある。
よくヘッドフォンが正確だと言われるが音場自体が不正確なの分かってる?

結局はクラシックを聞くなら欧州人の聴感が日本人より当然優れてるので
その国の機器を弄らずに素直に聞くのがベターだという至極つまらない結論。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥行 Ⅳ | トップ | よい📢に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事