心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築は難解・小部屋でコソコソよろけオヤジ

LP&CD

2017-05-18 11:05:28 | 日記

病院から帰ってきたばかりなのにどんどん働かそうと毎晩深夜まで鳴らすが
3時間位するとCDの最後の方でブチ、ジーとノイズが出てくる 何だよ~?

処でWAXコンデンサーもだいぶ馴染んできた最初の印象と変わらず相当良い。
クラシックはCHANDOSレーベルが好みだが此処の録音はけっこう飛び抜けた
激し目が多いのでクリアな装置では相乗して聴きずらい部分が出る所がある。
しかしそれが全体を上手く収めて聞かせ更に一音々が何故かハッキリ聞こえる。
確かにレンジは少し狭いがその分密度は上がり実体的で奏者の気配も出る感じ。
このままならレコードと対抗しても充分なのでLPはお蔵入りになりそうだ。


隣の歯医者さんに治療に行ったら先生が世良譲のCDを貸してくれた。
菅野沖彦は録音がダメなので聞く気もないが同じLPを所有してたので比較した
鮮度以外は殆んど区別がつかないドン臭い録音エンジニアの所為でもあるが・・・

実はこの先生大学の軽音楽サークルに居たとき仲間と仲宗根美樹のデビュー曲
「愛に生きる」を作ったそうだ内容は医学生との結ばれない恋みたいなものらしい
で今でも残念がるのはキングレコードに著作権込みで5万で売ったそうな(安い!)
当時の5万は大金だがそれより名前が残らなかったのが失敗だったらしい・・・
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レコードのよう | トップ | えぇわ..... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む