心躍る音楽再生 解決ハリマオの実践メモ

オーディオシステムの構築はひらめき・今日も小部屋でこそこそ!

三種の

2017-07-07 17:26:59 | 日記

闇雲ではあったが思いもかけないステージに上がった気分,,,,
今までは少し良くなったと感じても数日経つと何処か本物じゃあないなと
ストレス発散の筈がストレスに偶然だが此処までは来た此の先は何がある


これが我が家のオーディオを支える三種の貧器
  古い描写用蜜蝋 ヤスリ シューGOO
使い方はいろいろ他にもあるが殆んど日用品で代用
専門アクセサリーに昔は凝ったがそんなもの高くて手が出ん

先日のトロピカルをパラった時に試しとハンダにKEYSTERを使ってみた
これがブリブリサウンド音像も前に慌てて英国マルチコアに付け直した。
オーケストラ再生には活力、静寂、多彩、強弱、速度が必要と考えている
ソロの弱音部(オーボエ、クラリネット等)が若干くすむ位がより本物に近い
パワーなどあまり重視していないし見通しの良いクリアな音は繊細さを削ぐ。

実は調子に乗り電源部の箔巻きマルチキャップ12μFにもパラってみたのだが
元気だけ落ち着かない尖がり気味な音コンデンサが高能力だとボロが出る。
やっぱり相性と場所かWIMAは誤解してたが案外深みのあるコンデンサかも


            仕上げは三種の貧器で微調整!








  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラったよ | トップ | LPでは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む