ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

コレがなんだかわかる方は、もう少ないかと…。

2012-06-26 19:12:20 | 着物・古布

 

これは「国民服儀禮章(こくみんふくぎれいしょう)」というもの。

もうきれいな状態ではなかなか出るまい、と思って入手しました。

 

国民服も、今知る人はずいぶん減っていると思います。

国民服について、はこちらに、記事があります。

要するに、戦時中男性に対して「みんなこういうの着なさいよ」と決められた服です。

改まった席には「礼服」として着られました。

これは勅令、といって会議にかけずに天皇が直接決めること、として決まった政令ですが、

発布されても、一度に全員が着始めたわけではなく、徐々に広がり、

戦争がはげしくなってから、みな着るようになりました。

戦意高揚といいますか、そういう意味もあったわけですが、実際物資不足が深刻になってきたとき、

みんなおソロで…というのは、経済などを考えても都合がよかったわけです。

 

さて、この「国民服儀禮章」は、国民服を「礼服」として着用するときに胸に着けるもの。

過去記事の写真はまだ加工がうまくできませんで、撮りなおしました。

本の表紙です。ペラペラの小冊子ですが、作り方が書いてあります。

とてものことに簡単ソーイングではできませぬ…。

この写真の向かって左が「甲號(号)」、右が「乙號」、甲の方が襟を止めてあの「章」をつければ、

礼装になるタイプ、乙は、いわば一般着、です。

 

         

 

そしてこちらが、この「甲號」で礼装に装ったもの。

下がこの「章」ですね。胸ボタンにつ押して、右胸に飾る…。トップ写真のものは真ん中に「家紋」が入っています。

 

         

 

箱のフタにも書いてあります「八紘一宇」とはなんぞや…。

これ、とても難しいので、ものすごく大雑把に言いますと、元々は日本書紀の中の文から作られた「言葉」。

天下をひとつにして「一家」のように…というような意味なのですが、

結局戦争においては、日本の戦争目的を現すといいますか、うまく戦争に使われてしまった…

つまり「アジアという国をみんなまとめて、一家のように…で、その父親は日本だよ」みたいな。

この箱の中には小さな説明書が入っておりまして、最初にはこんなことが書いてあります。

 

          

 

単なるグループ・バッジじゃないよ、といっているわけですが、何かにむかって心をひとつにする…

それそのものは、今の時代にこそほしい思いではありますが、戦争のため…であってはなりません。

組紐の飾りとしては、なかなかのものですが、こういうものが二度とできないほうが、いいですね。

毎年、終戦記念日ごろに、いろいろ書かせていただいていますが、

珍しいものが手に入りましたので、書かせていただきました。

           

ジャンル:
その他
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに父話題 | トップ | 歌舞伎にまつわる柄のじゅばん »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (陽花)
2012-06-26 19:51:53
刀の下げ緒から帯締めに・・とは
よく聞きますが、国民服儀禮章が
組紐で出来ているのは知りません
でした。
昔の人は難しい言葉を使いますね。
Unknown (惠)
2012-06-26 22:35:49
へぇ・・・ほぅ・・・ふぅーん
今日も ただただ 感心して読ませて頂きました。
これはもう… (えみこ)
2012-06-27 06:23:05
アンタッチャブルというか
戦勝国から見れば
相手国の「黒歴史」でしょう。
八の曲解をめぐって、どれだけの人々が…。
封印された言葉です。
胸が痛みます。
なんか (アゲハ)
2012-06-27 08:47:36
日本の人っていうより北の(あちらの人)って感じでやだわ。

でも、戦争の間は仕方なかったんですね。
忍ばなければならない時代をしのんでこられた人達のお陰で、今の平和があるんですから。

(あんまり平和過ぎるのもダラケてしまうのか、自分より若い人らの言動にはムカムカしますが)

                             
Unknown (とんぼ)
2012-06-27 15:30:58
陽花様

つらくていやな時代ではありますが、なんというか、
危機感のせいでしょうか、人が今よりどこかぴしっとしていた気がします。
もうあってほしくないことですが、こんな組紐での飾りはいいなぁと。
Unknown (とんぼ)
2012-06-27 15:32:54
惠様

こんなときも、親の昔話は役に立ちますわ。
「国防色」なんて母が色喪母から教わりました。
その母は、高齢になって「迷彩柄」が、お気に入りでしたわ。
Unknown (とんぼ)
2012-06-27 15:34:15
えみこ様

一握りの人間たちの考えで、国民が右往左往…。
つらい歴史ですが、ちゃんとそれを見なければいけませんね。
Unknown (とんぼ)
2012-06-27 15:39:39
アゲハ様

国が定める服と言うのは、だいたい似通うものです。

私は戦後生まれですが、まだまだリアルタイムで、
戦争の話を聞いてきました。
今は平和すぎて、特に最近は「ダレでもいいから」と殺したり、
あまりにも身勝手です。
苦しい時期を耐えて、がんばってこの国の礎になってくれた先人たち、
焼け野原からここまで復興してくれた人たちは、
今を見て嘆くでしょうね。申し訳ないことです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。