Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

靖国へ

2016-08-17 11:41:03 | 日記

 一昨日15日午後、靖国神社にお参りした。恥づかしながら初めてであった。

私の父、長兄は従軍の経験がある。しかし無事に戻ってきた。その頃の軍服姿の写真を見たことがあるが、詳しく訊ねたことはなかった。もはや鬼籍に入ってしまったため、もう訊きなおすことはできない。

最近そのような家族の歴史がふとしたはずみに思い出されてくるのである。父は、母は、兄は、そして姉は、その時どんな風に生きたのだろうか?・・・・ 当時、私は幼児で、おぼろげにかれらの笑顔や話しっぷりや夕食の団欒くらいしか覚えていない。
いま私の生涯で初めて、当時の人たちの気持ちをじかに知りたい、と思っている。

 

『空を衝くような大鳥居・・・』 かつてよく歌われた歌謡曲を思い出す。
 https://www.youtube.com/watch?v=10o8dWULtjY

 

 

今日はとても混み合っている。 10万人以上だったそうだ。

 

遊就館の正面玄関。これは「武の歴史館」とも呼ぶべきものだった。とても内容が充実しており、1、2時間で見尽くすことはできなかった。まる1日必要だろう。収蔵品は単なる「軍事記念品」ではなく、みな芸術品の域にある。改めてまた訪れるつもり。地方の方、ぜひ1泊、2泊してでもここを訪ねられることをお勧めします!
http://yusyukan.yasukuni.jp/history/index.html

もう一つ「靖国偕行文庫」という文書資料館が隣にあるそうだが、知らなかった。こちらも同時に訪れてみよう。
http://www.yasukuni.or.jp/archives/

 

 

 遊就館のロビーに飾られた「零戦」戦闘機。工芸品のような、と言っても過言ではない素晴らしい作りだ。これは、この施設に飾られたすべての品物についても同様だ。薩摩藩が造ったという大砲なども、今日の製品、と言われても通用するだろう。日本の技術や創造力は当時から高かった。誇らしいことだ。

 

多くの参拝記念品を各所で売っていたのだが、持ち帰る体力が不足。これ一冊だけを買い求めた。「聴け、わだつみの声」と同様、戦いで命を落された父や兄あるいは祖父の世代の方々の遺言が多く記されてあった。 

 

 

 同日、神田小川町からここ九段下にかけて、2つのデモ行進があったという。一つは共産・在日の「反天連」によるデモ、もう一つはそれに対抗したデモ(桜井誠氏も参加されたようだ)。デモのことは帰宅後に知った。実況記録で見てみると参加者はこちらの方が圧倒的に多かった。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/ (16日の記事)

 

 

 そして、その数日前、シナの海軍民兵や軍艦が尖閣諸島に迫ってきた。今日もなお居すわっているそうだ-- 戦後の歴史で今年は転回点になるのではないか、という気がする。気持ちを引き締めてゆかねば・・・

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミトローヒン文書 | トップ | 日本人のためのコンクールに戻れ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。