Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

9月のぶらあぼ

2016-09-10 11:02:34 | 音楽

秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる

やっと涼しい風をかんじるようになった。朝晩だけだけど・・・
色々な大事件が起きる今日この頃、日本は、そして我々はみな疾風怒濤の中で揉まれているようだ。

万葉の響き-「音楽劇」だろうか、それをクラシックとして聴ける日がきた!嬉しい。

 

どんな新しい「日本の歌」が生まれているのだろうか、昔の西洋の曲もすばらしいけど、音楽は新しく生まれてゆくものでなくては。

 

旧朝香宮様のお屋敷。すばらしい石造りで音響も申し分ない。隣に広い目黒自然園があって武蔵野の散策がゆっくりとできる。これから紅葉が始まる。

 

はやく帰国して腰を落ち着けて頂きたい。

 

この作曲家は存じ上げないが、全作品とは思い切った試み。演奏家の方々もみな一流である。

 

このホールは海に近い。マチネだし、前後に海を散歩すると楽しいかな? 客船用の埠頭があった。だがさびれていた。いまはどうだろう? 広い道に大きな並木があった。もう何年も前のなつかしい思い出。

 

西欧の音楽は爛熟し乾燥し何もかも飛散してしまった、と言うべきだろう。東欧はいまだ静かな前世紀の、ときには中世の雰囲気を残していると言われるが・・・一度訪ねてみたい地である。

 

バレエ「忠臣蔵」! ぜひ見てみたい!

 

なつかしい歌、なつかしい響き、この時代の作曲家たちはみなしみじみと心に響く。

 

日本の歌の伝統を守ってゆきたい。みな新曲のようだ。

 

スターリンに消された?にも関わらず多くの作品が生き延びたのはよかった!ずいぶんつらい生活を送られたようだ。「機械主義」であるが他方で民謡の採譜なども行った、というのは興味深い。YouTubeでは前者の例が載っている。後者のものも聴いてみたい。

 

オルフェオ、あるいは亡くなった妻を探して黄泉の国へゆく、という世界中の古文書で物語られた人類的なテーマ。補作によって原作を完成された、というのはすばらしい。

 

このマーラーの曲、私は中学生か高校生の時に聴いてそれ以来一度も聴いてなかった。どうしてかというと・・・ これについてはまたの機会に。ピアノでなくオーケストラ伴奏での歌曲、というのはあまり機会がなく貴重。

 

私費を投じて六本木の自社ビルでこのようなイベントを続けていらっしゃるのは実に尊敬すべきことだ。コンクールのレベルも高い。いまに東京を代表するコンクールになるだろう。(9月10日)

 

邦楽が新しい表現を得つつあるのは嬉しい。日本の作曲家はみな、山田耕筰はもちろん武満徹もじつは邦楽の精神に貫かれている、と私は感じる。(9月10日)

 

「子供は宝」。額田王の言葉には深くうなづかれる。子供は愛情の源泉、思い出の源泉、創造の源泉である!

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本人のためのコンクールに戻れ | トップ | お彼岸の旅-福島へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。