Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

お彼岸の旅-福島へ

2016-10-03 23:08:49 | 旅行

このお彼岸、墓参りのため、そして最近衰弱気味の体調と気分を湯治で癒そうと10日ほど福島に滞在した。季節は東京より1カ月進んでおり、すでに朝晩はストーブが必要だった。泊まったのは三春町の田園生活館だ。

朝と夕方、お風呂に入り、広い大広間で休んだ。食事は自炊で、地元の産品を売っているこの施設の売店と町中のスーパーで毎日のように食料を買い求め、火を使わない簡単な食事を用意し、焼酎のお茶割りとともに静かなバンガローで--雨の日以外はテラスで--朝から晩まで本を読んで過ごした。

売店では東京のスーパーでは絶対に見かけないような産品をたくさん売っている。生産量が少ないという理由なのだろうが、多くの人々に知られることがないのは実にもったいない。この辺の人々は実に豊かな食生活に恵まれている。

 

泊まったのはこのようなバンガローの1軒だ。木の香りがする。設計も立派、工事もとても丁寧に仕上げられている。昔ながらの大工さんの仕事だろう、と思う。

 

建物のすぐ隣に生えている木には実がなっていた。訊ねてみたが何の実か誰も知っていなかった。鳥が種を落して生えた木だろうか? 少しかじってみると甘い味だった。

 

風呂に行く道には萩が満開を過ぎようとしていた。

 

道沿いの生け垣なのだが、かわいい実がなっていた。

 

その道から見た児童遊園地。土日になると親に連れられて来た子供たちの声が溢れる。

 

近くにある廃校になった中学校。10年前にここに来た時には元気な生徒たちの声と姿で溢れていたのに・・・と寂しい。いまは町のイベント会場として使われていて、今日は「特撮の展示会」をやっていた。廃墟とならなくてよかった。

 

 

丘の道端からみた夕映え。シュトラウス「最後の4つの歌」の第4曲「夕映えに」を思い出す。
https://www.youtube.com/watch?v=co61XmUu-tc

 

これは朝起きてすぐに見た東の空。

 

そしてこれは昼の空。大昔に聴いた「空が近い週末」という歌を思い出した。まだ本物の日本のポップスがあった時代の歌である。

”さえぎるもののない青空に・・・ 不思議ね 空が近い・・・”
https://www.youtube.com/watch?v=qyG1Aan-u5U

 

この町はとても蔵が多い。町中のどこにでも見かける。三春藩時代から、つまり何百年も前の建物を持ち主の子孫たちは今もきれいに保存している。

 

 

裏通りで見かけた医院。これも古い建物だ。こちら側は多分入院病棟、向こうは診察室で新築に見えるが、実は壁だけが新しく、柱や窓、その他の設計は昔ながらのものだった。そしてこのお宅の医業というのも何代も続けられてきたのだろう。
つまり、この町の人々はみな祖先に誇りを持って生きているのだ。

 

宿の物産直販所では珍しいものばかりだった。

「うこっけい」という特別な鶏のたまご。少し小型だ。

 

「ふきみそ」、いまの都会の人々はその味も使い方も忘れてしまったのではないか?
東京ではブルーベリーは輸入のかなり高級な乾燥果実としてしか手に入らない。

 

野ぶどう--名前は聞いたことがあるが見たのは初めてだ。右側のびんは焼酎漬けにしたもの。 「ああ、これのことだったのか」と、改めて有名な現代短歌の作品を思い出す-- ”野ぶだうを運ぶ異装の一隊にまぎれて天に向かひしとのみ”  

 

その他、あれもこれもと紹介しだすときりがないのだが、たとえば、かぼちゃだけでもこんなに多彩である。

 

あっと言う間に10日間が経ってしまった。
またきっと来よう、こんどは1カ月くらいは逗留したいな、と思いつつ丘の道を下った・・・ 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月のぶらあぼ | トップ | 10月のぶらあぼ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。