Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

ぶらあぼ、11、12 月

2016-12-07 19:00:47 | 音楽

ずいぶんと間が空いてしまった。それには、訳があって・・・
ここ1、2カ月は大きな社会変動が続いた。あれこれと勉強もし沢山の本も読んだ。まだ勉強の途中である。
またいつものこの記事に関してもしばらく前の「東京音コンの優勝者」の疑惑が私のこれまでの思い込みをひっくり返すことになった--つまり、日本のクラシックの舞台でも隣国からの危うい支配力が国内と呼応して強まりつつある、ということだ (他の分野では「背乗り」と呼ばれる)。
これについてはまた改めてまとめてみたい。

いまは1年でも音楽会の最も盛んな季節なのに、この2カ月、その多くを逃してしまって実に残念。今日取り上げるのはほんの一部だが・・・

 

この人、とても早いスピードで主舞台へと駆け上がってきている。初めて見たのは何年か前フランスの先生の公開レッスンだったが、彼の顔の印象と同じくとても鋭い演奏だった。

 

いまや老大家となられた。しばらく前に国の何かの栄誉賞を受けられたと記憶、わが国と世界の宝だ。
いまや知らない人もいるかもしれないと思い、忘れ去られることのないように念のため記しておくのだが、アメリカの音楽学校に留学して新しいモダンジャズの理論を持って帰り国内の若手たちに無償で紹介・伝授されたのはこの方のもう一つの大きな功績である。

 

順調に中堅への道を歩むピアニスト、今回のこの2曲はあわせて独特の雰囲気をかもし出す。

 

何四重奏と呼べばいいのか? 西欧の匂いではなく日本独自の匂いを持った演奏と創作を目にできるのは嬉しくたのもしい。

 

すべて武満徹作品の特集である。あんまり無い貴重な機会だ。

 

モツアルトの弦楽四重奏にレクイエムを移す、という企画。合唱は?・・・と一瞬思ったが、そうだった、多くは管弦楽と重なっているのだった。一段とintimateな響きで迫ってくるだろう。とくにRecordareや最初のフーガなどは格別だろう。

 

リゲティの曲すべては知らない。すごい人だとは思っているのだが。取り上げられた2人のわれらが日本人作曲家はどのようにつながっているのだろうか?  このような機会を得て知見を広げたい。

 

「孤高」、「峻厳」と聞くだけで期待は高まる。そんなに多くのステージは見かけない人のようだ。今回ぜひ演奏に接してみたい。

 

この曲は弾き手によりみな大きく異なった魅力的な姿を現す。

 

フランスの曲ばかり、そして少なくともピアノ、ヴァイオリンはフランス派に親密な方のようだ。チェロ、クラリネットの方は知らなかったが、YouTubeで聴いてみるとその実力に納得。
https://www.youtube.com/watch?v=eeurW6xRg-k
https://www.youtube.com/watch?v=1JvLjvcVTeY

 

わりと新しく根付いた弦楽四重奏団の一つ、レベルは世界的、われわれはもっと自信を持とう。

 

この曲、他の楽器や編成へのアレンジがとても興味深い効果を持つ。ただ(いつもの如く)調律が平均率でなく古典調律ならもっといいのだが・・・

 

新しいスターたちである。これからもあらゆの機会で活躍して欲しい。応援はわれわの義務。

 

 

最近ようやくピアノ二重奏が確固たるジャンルとしてステージに乗るようになった。嬉しい。今月これらだけでなく他にもいくつかあった。

ついでだが、芸大の或るピアノクラスの学生たちはデュオを沢山YouTubeに発表している。
https://www.youtube.com/watch?v=_oGOGIU3zdw
https://www.youtube.com/watch?v=xNLhY1uXNQk
https://www.youtube.com/watch?v=AfbuJHXJmxI&t=58s


 

この会場で6回にわたって入賞者を紹介。(12月26、27日)

 

ハンマークラビアを選曲、とは勇気が要っただろう。ぜひ行ってみたい。(12月19日)

 

この人はしばらく前国内のコンクールでフランス曲を弾いて何回か連続して入賞したと記憶。(12月15日)

 

この人もそう。YouTubeでは国内外のコンクールでのすばらしい演奏もいくつか披露されている。コメントにもある通りとてもbrilliantな音色である。(12月17日)。https://www.youtube.com/results?search_query=nagao+haruka

 

日本の歌を外すわけには行かない。(12月9日)

今回はOSの変更とともに替えた画像処理ソフトの使い方に慣れていないため写真があんまりきれいでなく恐縮です。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月のぶらあぼ | トップ | 「日本死ね」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。