Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

白鳥 (サンサーンス)

2017-04-06 02:14:31 | 音楽

 昨晩夜の帰り道を歩いていると何処かからかかすかにサンサーンスの「白鳥」が聞こえてきた。(私の住まいの近くは車が余り通らず静かなのだ。)
この曲は昔のあらゆることを思い出させてくれる・・・ 田舎のこと、子供時代のこと、いまはない旧い家のこと、父母のこと、兄や姉、弟のこと、そして何年かぶりに家に戻った時の母の姿、その昔妻といっしょに行った数多くくの旅、若くして亡くなった何人もの友人のこと・・・ みなはるかな思いとなって心を駆けめぐる・・・ 

聞こえてきたのヴアイオリンが入った特別な編曲の音であった。帰ってからYoutubeで色々な編曲を聴いてみた。その編曲のものは・・・見つかった。それとともにその他多くの形態で演奏されていることも知った。みなそれぞれ楽器の組み合わせや奏者により印象がかなり違っていた。

たとえばこのようなものが見つかった。

 https://www.youtube.com/watch?v=Vqvc1TCC6Ng

これがサンサーンスの原曲(2台のピアノとチェロ)でバレエにもこれを使っている。

 

下はチェロとピアノ、もっとも普通に聞かれるものだ。
気取らず平明に弾かれたいくつかの演奏(日本人女性2人のものも含む)が私には最も心に訴えてくる。

 https://www.youtube.com/watch?v=zAvDotUEaIk

 https://www.youtube.com/watch?v=xHbMbvCtuGw

 

下はヴァイオリン用の編曲。すっと心に沁みこんでくる演奏だ。

https://www.youtube.com/watch?v=9-GVZ6Ae9Qs

 

この曲にもピアノ編曲があった。難曲への編曲専門家のゴドウスキーによるものや2台のピアノへの編曲も見つかった。とちらも描写風であり蓋を閉じて音色に配慮しているのが興味深い。

https://www.youtube.com/watch?v=N7tYEDur_y8

https://www.youtube.com/watch?v=xWkLTjJYHak

 

Youtubeのおかげで昔のあるいは最近のあらゆる有名無名の演奏家の様々な演奏が聴けるようになった。実にありがたいことだ。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベトナム点景 | トップ | 虎ノ門ニュース6月1日号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。