Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

ベトナム祭に行く(代々木公園)

2017-06-14 00:18:04 | 旅行

 

10日と11日「ベトナムフェスティバル」というものが代々木公園であった。懐かしさもあってたち寄ってみた。

 

 

原宿から行く。真っ先に出会うのは明治神宮。心の中で柏手を打って代々木公園へと向かう。

 

このまえ代々木の森に来たのはもう10年以上前だった。一段と大きく高く深くなっていた。そして別世界のように静かである。ふかふかの落ち葉が一面に覆っていた。

 

最近来日したのだろうか、2人の記念写真を撮っていた。

 

橋の上から広場の様子をみる。一目見ただけで圧倒される!

 

 

今日はそれほど暑くなくしかも涼しい風が吹いている。気持ちのいい橋の上で宴会をはやばやと開く仲間たち。他にも何カ所かこんな宴会が見られた。
みんな頭がよさそうな顔をしている。多分同郷で、Y シャツ姿は就職した先輩、T シャツ姿は後輩の学生かな?・・・などと想像してみる。

 

橋の階段はひな壇状態。座りやすく展望もあり、また風も吹いていて、うってつけの場所のようだ。

 

聞こえてくる言葉の6割はベトナム語みたいだ。人も見ただけで雰囲気から日本人がベトナム人か当てられそう。
回りはみな軽食の屋台だが時々「送金サービス」の申し込みブースがある。「最近このサービスの需要が多くて・・・」とセールスマンは言った。自分の生活は倹約して収入の多くを家族に送るのだろう。ベトナムの平均月収は3万円程度だと聞いた。日本円はあちらでは数倍の価値がある

 

ちらほら少数民族姿も見かけた。出身に誇りを持っているのだろう、そして服装を今日のためにしまっていたのだろう! 男性が持っているのは「笙の笛」に見える。

 

 

木陰は貴重。ここは公園であることを思い起こせばどこだってシートを敷いてゆっくりできる!何の遠慮がいるだろう?

 

 

現地のサンドウィッチ「バインミー」。フランスパンに肉や野菜などを色々と挟み「パクチ」(コリアンダー)と 魚醤「ニョクマム」 で仕上げる。 ひとつ買って食べたのだが、味は・・・ ちなみに現地で売られているのはこんなものだ--https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9F%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi30fLO2pXVAhWLE7wKHePUAPEQ_AUIBigB&biw=1002&bih=628
胸のワッペンは国花「ハスの花」。

 

 

アオザイコンテストみたいなのも行われていた。 原色傾向が強いこういうのが人気のデザインなのだろうか?

 

むしろ私にはこのような中間色やけばけばしくないしゃれたデザインの方が目になじみ易いが・・・
前回ベトナムに行った時、実はアオザイ姿は殆どみかけなかった。見かけたのはカフェや書店の店員だけで大体白一色だった。
ついでだが左のT シャツの赤地に黄色い星はベトナムの国旗。

 

 

果物を売っていた。右はタマリンドという甘酸っぱい実、左は名前を忘れたが香りは柑橘類のようだった。左端にちょっとだけ見えるのは悪臭で有名なドリアン、よく熟れた色をしている。日本人客は珍しそうに見るだけ、買うのは味を知っているベトナム人だけだった。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虎ノ門ニュース6月1日号 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。