Tomatopiaの日記帳

クラシック、思い出、短歌、旅、政治

10月のぶらあぼ

2016-10-11 09:38:31 | 音楽

いま秋、音楽会が最も盛んな季節だ。
ぶらあぼを見ても沢山興味深いものが見つかる。それぞれについて何かしら言いたいこともあるのだが、体力がもたない。そのほんの一部しか取り上げられなかった。

 

ベルギーの人たちの作品で、日本人は女性歌手がごくわずかだけ登場する。川端康成作品だが「美しい日本の私」とはずいぶん印象が異なる。「老人が薬で眠らされた若い女性の温かい体に寄り添い一夜を過ごす」物語りで「別れ、老い、死」がテーマ、とのことである。西欧人たちにとっては川端をこういう風に見るのか、こういう所に関心があるのか、とむしろそういうことに注意が向く。

どんな音楽なのだろう? 後期ロマン派? 新ウィーン派? それともその後の砂粒のようなあるいは空飛ぶ電波のような現代ものだろうか?

 

声明はそのまま使うのかな? それとも「音楽的処理」が行われているのだろうか? それにしても「トスティの歌曲」との相性はいかに?
築地本願寺には中型のオルガンが据えつけてある。仏教音楽も眠りから醒めて来つつあるのかな?

 

「武満を弾くことで自分が日本人だと実感した」、(弾いていて自分が)「日本人だなと感じる瞬間があった」とのこと、すばらしい自覚、洞察だ。ぜひ聴きに行ってみたい。
ギターのために武満が曲を書いたことでギターはこれからも永い命を得たと思う。

 

ピアノデュオのステージを何年か前からよく見かけるようになっている。独奏では決して聴けないレパートリーや豊富な音色は魅力的だ。

 

立派な声楽の賞を受賞されたようだ。東海大学卒、そして津波をかぶった福島県いわきのご出身だそうである。東海大学の音楽の教室は丹沢の麓、小さな丘陵の上にあって、どちらを向いても懐かしい景色が広がっている、そんなところだったと憶えている。たしか小さなオルガンが1台あったような記憶。

 

「これを次代に残したい」とおっしゃる。それならぜひ聴かせて頂かねばならない。
柴田南雄氏はその昔評論をよく読ませて頂いたが作品を拝聴したことは・・・残念ながら殆ど覚えていない。

 

新人たちの初めての晴れ舞台だ。いつも目が離せない。

 

何年か前ショパンコンクールか何かで入賞されたこの人、ステージではあまりお見かけしなかったが、内面的な成熟を待っておられたのだ、ということがよく分かった。

 

実は先端的な現代ものは私はあまり好きでない、というよりよく分からない。行く時はいつも恐る恐るで、時には逃げ帰ることもあった。
ビオラもハープもとても魅力的な楽器だ。その魅力だけでも・・・逃げ帰らずに聴き通したい、と願う。

 

オルガンについて勉強する稀な機会!(10月15日)

 

マリンバがとうとうコンクールを作れるまでになった!感慨深い。(10月16日)

 

この方、何年か前にゴドウスキーの「ショパン練習曲」のステージを全国放送で披露された。これは大変に勇気がいることだったろう。それ以来私はこの方に特に注目している。(10月30日)

  

欧州のコンクールで入賞し欧州で活躍中のお二人、日本を離れていて、これからどんな音楽に育ってゆくのか?注目しているのだが・・・(10月22日)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お彼岸の旅-福島へ | トップ | ぶらあぼ、11、12 月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。